症例集

カテゴリ: 症例集(オペログ)

ストローマンBLTインプラントでAll On 4 ーその1(診断からガイド作成まで)

今回の症例は、上顎の歯がそれも動揺が強く保存できず保険治療では総義歯になるケースです。

患者様は、入れ歯ではなくインプラントを用いて固定式の歯で治療を希望されました。

奥歯の領域には十分な骨がなく、前歯の領域には長いインプラントを埋入できる十分な既存骨がありましたので、4本のインプラントで12本の歯を支えるオールオン4という治療法を提案しました。

元々はポルトガルの歯科医Dr. Paulo Maloが開発し、ノーベルインプラントを使ってなされている治療法ですが、ストローマンインプラントにおいてもBLT(ボーンレベルテーパード)インプラント+SRA(スクリューリテインアバットメント)がラインナップされたことにより、可能になりました。

当医院では、以前からノーベルインプラントを使用したオールオン4を行っていましたが、より骨との結合力が強いSLAの表面性状と強度に優れたストローマンインプラントが使用できることで、より安心して提供できるようになったと思います。

 

 

 

 

 

保存不可能は歯を抜歯して歯茎が治るまで、右上の奥歯1本は残して、仮歯の支えに使いました。

 

インプラントの埋入に先立ってスキャンステント(ラジオグラフィックガイド)を使用してCTを撮影します。

   

 

 

 

 

CTの3次元画像上でインプラントの埋入ポジションを決定します。

スキャンステントをCTデータをドイツのシーキャット社へ送付して、サージカルガイドを製作してもらい手術(ガイデッドサージェリー)に備えます。

 

 

 

 

 

シーキャット社から送り返された、All on 4用のサージカルガイドです。

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

ストローマンBLTの抜歯早期埋入

  下顎の6番部位の抜歯から2か月後の早期にストローマンBLTのロキソリッドSLActive Φ4.8×10mmを埋入して補綴が完了しました。

埋入のオペは、抜歯窩が完全に均一に化骨していないために、骨の固さに差がありきちんと中央にドリリングするのにはコツがあります。

使用したインプラントはBLTなので、テーパードのドリルを使用するために、埋入位置のコントロールがしやすくてうまくいきやすいです。

埋入から2か月で印象を行い、スクリューリテインのモノリシックジルコニア(ジルコニア単体)クラウンを装着しました。

インプラントの治療も昔に比べると、本当に楽になりましたね。

 

松雪planning

 

 

 

 

 

術前のCTですが、近遠心に誘導されないように歯槽中隔中央にきっちりと埋入しなくてはなりません。

 

DSC_2913

 

 

 

 

 

 

治療前の状態です。

DSC_2916

 

 

 

 

 

 

使用したインプラントはストローマンBLT SLActive 4.8Φ10mmです。

 

DSC_2915

 

 

 

 

 

 

ボーンタップもきちんと使用します。

 

松雪_胆20170204_25316

 

 

 

 

オペ後のレントゲンですが、理想的な位置に入っています。

 

 

DSC_5234

 

 

 

 

 

 

スクリュー固定のジルコニアクラウンです。

 

DSC_5243

 

 

補綴終了時です。

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

上顎臼歯部のGBR(骨造成)ソーセージテクニック

上顎の臼歯部のインプラントは、多くの場合に骨が不足していて増骨の治療が必要となります。

特に今回のように歯周病が進行して抜歯となったケースでは、歯ぐきの土手の部分の骨が陥凹していてそのままインプラントをすると、長い歯冠となり歯ブラシも難しくなりますので、歯槽頂への増骨をステージドアプローチで行う必要があります。

増骨の方法も最近では、低侵襲で成功率の高い方法が報告されていますので、昔のように顎の骨や腰骨から自分の骨を切り出して使用することも不要となってきました。

今回も他家骨であるBi0-ossという製剤+周囲から余分な骨をスクレーパーで採取し、これにEMDを混和して使用しました。

いわゆるソーセージテクニックと言われている方法で、コラーゲンメンブレンをタックピンでとめてカバーし粘膜を減張切開して完全に被覆する方法です。

手術は30分ほどで終了し、翌日もほとんど腫れや痛みもなく、患者さんにも優しい術式です。

いったん傷が治れば、そのまま5か月ほどで硬い骨になってきますので、それから上顎洞の中にソケットリフトという方法で増骨しながらインプラントの埋入を行っていきます。

インプラントと同時の増骨であれば、3~4か月で歯が入るのですが、ステージドアプローチで増骨が必要な場合は5か月+3か月の後に歯を作って行くことになります。

 

DSC_5119

 

 

 

 

 

 

 

周囲から採取した自家骨+Bio-ossにEMDを混和します。

 

DSC_5124

 

 

 

 

 

 

コラーゲン膜の中に詰め込みタックピンでとめます。

 

無題

 

 

 

 

 

 

術前の治療部位のCT画像では、歯槽部の骨がほとんどありません。

 

濱嵜_浩20170607_27406 (2)

 

 

 

 

術後のレントゲンで歯槽部が平坦化されているのがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

下顎臼歯部にGBR後のインプラント埋入から補綴完了!

no

下顎左側の臼歯部に2本のインプラントを希望してこられた患者様です。

レントゲンでわかるように歯槽骨が大きく陥凹していて、必要な骨の高さが全く足りません。

そこでステージドアプローチのGBR(事前に行う増骨手術)を行い、そののちにインプラントを埋入しました。

GBRは、骨補てん材と自家骨にエムドゲインを混和して非吸収性膜で被覆の日に完全埋入しました。

GBRから5か月後に膜除去と同時にストローマンBLΦ4.8mm×10を2本埋入しました。

補綴はモノリシックジルコニア(ジルコニア単体)を連結にしてスクリュー固定としました。

プラークが付着しやすい余剰セメントのリスクがなく、インプラント周囲炎になりにくい構造としています。

 

松雪_誉20160712_22716

 

 

 

 

 

治療前のレントゲン写真ですが、向かって右下に2本の歯が欠損して、歯槽骨も陥凹しています。

 

DSC_2843

 

 

 

 

 

 

GBRに用いたd-PTFEメンブレンを除去しました。

DSC_2848

 

 

 

 

 

 

ストローマンBLT4.1Φ10mmを2本埋入しました。

 

松雪_誉20170131_25241

 

 

 

 

 

埋入後のレントゲンです。

 

DSC_4436

 

 

 

 

 

 

最終補綴のモノリシックジルコニアのスクリューリテインです。

 

 

DSC_4439

 

 

 

 

 

 

口腔内に入ったところです。

 

松雪_誉20170425_26660

 

 

 

 

 

 

 

治療後のレントゲンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

下顎の抜歯窩にBLTを早期埋入。

左下の6番部位にストローマンボーンレベルインプラントテーパード4.8Φ10mmを埋入しました。

抜歯から2か月して、歯ぐきの傷が治っていますが、骨はまだ均一の密度にはなっていない時期の抜歯早期埋入です。

このようなケースの場合、インプラントの埋入ポジションが抜歯窩に誘導されて遠心や近心にズレやすいので注意が必要です。

なおかつ骨の残っている中心部はドリリングで骨がなくなりますから、初期固定も難しくなります。

しかし、BLTであれば初期固定はしっかりとれますから、ポジショニングだけを気を付けて埋入すればいいです。

術後のレントゲンでわかるように理想的な位置に埋入できました。

また、この患者様は2003年に上顎の中切歯をインプラント治療されていただいていて、そこも13年以上良好に経過しています。

 

松雪planning抜歯窩に埋入するケースは、ポジショニングが難しいです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_2915ボーンタップは途中までにして、一部はセルフタップにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_29174,8Φのワイドインプラントがしっかり入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

松雪_胆20170204_25316術後のレントゲンですが、良いポジションに入っています。

中切歯のインプラントは、2003年に治療したものですが、安定しています。

 

 

 

 

 

7.302003年の状態ですが、向かって右の中切歯が折れてしまい、変色もしています。

 

 

 

 

 

 

 

2004.12.2 002中切歯のインプラント治療が終了したのは、2004年でした。

 

 

 

 

 

 

DSC_16802017年の状態ですが、非常に安定して維持されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556