症例集

カテゴリ: 症例集(オペログ)

大きな抜歯窩へのインプラント

下顎の6,7番部位に2本のインプラントを埋入しました。 6番部位は、通常に11.5mmのインプラントを埋入しましたが、 7番部位は、歯根破折の慢性炎症が持続した後の抜歯のため、抜歯窩がかなり大きいです。 下顎管までソケット底部から8mmありましたので、5mmほどドリリングしワイドダイアメーターのHAサーフェイスを埋入しました。 周囲には、血餅維持のため周囲から採取した自家骨を填入しました。 インプラントをしない場合の最終的な歯槽堤の形態を予測し、その高さにプラットフォームが位置するように埋入深度を決定するのが、テクニックといえば言えるかも知れまえんね。 7番は完全埋入、6番は半埋入の形です。 4か月後に2次オペ予定です。 DSC_3585 とっても大きな抜歯窩が存在します。 DSC_3586 自家骨を移植し、5.0ΦHAインプラントを埋入します。 DSC_3589 このような欠損形態であれば、埋入時に骨がなくても、これで簡単に低侵襲のインプラントが終了します。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

Zimmer でソケットリフト

先月のケースですが、上顎4番通常埋入と6番のソケットリフトのケースです。 4番部位の歯槽骨が頬側に陥凹を持っていましたので、やや舌側寄りの埋入ポジションとなっています。 6番部位は、βTCPとHAの混合材でリフトしています。 レントゲンでわかるように、5mmの既存骨に対して、8mmのリフトをしています。 Φ5mmで10mmのHAサーフェイスのZimmer スプラインです。 上顎洞への落ち込み防止用のヒーリングキャップを装着するのが大切です。 チタンサーフェイスに比べ1か月ほど早く加重をかけられますので、この方法をよく使用します。 003 ドリリングなしでオステオトームしていきます。 004 ヒーリングキャップもソケット用です。 005 補てん材は十分に入っています!

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

アストラ下顎抜歯窩&成熟側

3月の殺人的忙しさがひと段落しそうです。 さぼっていました、オペ録を再開します。 遊離端欠損にアストラの4.0ΦSTを2本埋入しました。 アストラの4.0と3.5はパラレルタイプですので、埋入深度の微調整ができます。 この患者様は、6番部位に抜歯窩の陥凹が残っていて、歯槽頂にややくぼみがあります。 当然歯肉の厚みも違ってきます。 アストラは骨縁埋入ですが、場合によっては骨縁下に入っても問題がありません。 プラットフォームスイッチで、セメント合着用のプレッパブルアバットメントを歯肉縁下の適当な深さで、上部構造を作成すればOKです。 フィクスチャーレベルに上部構造のマージンが来るようなシステムでは、こんなイージーな埋入はできませんし、インプランタイティスのリスクを回避するためには、カスタムアバットをスクリュー固定してから上部構造の制作が必要になります。 DSC_3561 6番部位のフィクスチャーは、7番に比べやや低位です。 DSC_3562 同じ高さのヒーリングアバットを装着しています。 P3 埋入後のパノラマです。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

スピーディーグルービーで6前歯

2か月前に上顎前歯を歯根破折と根尖性歯周炎、骨縁下カリエスで6本抜歯していた患者さんのインプラント埋入オペです。 RPΦ4.0mmのノーベルインプラント13mmを4本、3113の部位に埋入しました。 右上1番部位は、頬側へ5mm程度裂開しましたので、自家骨とコラーゲン膜でGBRしました。 他の部位の小さな頬側の裂開は今後ソケットが治癒してくることにより、埋まってくると判断しました。 どれも25N以上のトルクがかかりましたので、3か月後に2次オペでその後、プロセラインプラントブリッジで補綴を計画しています。 009 抜歯時のソケットの状態です。 007 そのままの状態で治癒を待ち、2か月後の抜歯窩です。 014 4本のΦ4mm×13mmを埋入。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

ナローリッジのEBI 3.3mm

下顎の臼歯部に抜歯即時で1本と成熟側に2本のEBIを埋入しました。 御覧のようにかなりの狭小な歯槽骨ですので、上のほうの骨はマイセルで削除して平坦化し、ドリリングの方向に最新の注意を払いつつ3.3mm 径の11mmを埋入しました。 4番部位は、舌側低位埋入のため近遠心は骨縁下になりますので、そこの骨をマイセルで除去します。 最終的な骨の形態に中にインプラントショルダーが収まるように、埋入位置を厳密にする必要があります。 結果的にGBRをせずに、最小限の侵襲でインプラントが可能となります。 歯肉の厚みも薄いため、ヒーリングアバットはEBIのプラットフォームスイッチ用ではなくストローマンのヒーリングキャップです。 DSC_3320 マイセルで歯槽頂の骨を除去します。 DSC_3325 埋入後のインプラントポジションです。 P3 術後パノラマです

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556