症例集

カテゴリ: 症例集(オペログ)

上顎中切歯にガイドサージェリーでインプラント補綴!

40代の男性のですが、歯茎がたびたび腫れるということで、レントゲンを撮ってみると、中切歯の歯根が破折していて抜歯となり、そこをインプラントで補綴することになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

術前のレントゲン写真ですが、歯根の先端1/3くらいのところで水平に歯根が折れていました。これは、抜歯以外の治療法がありません。

 

 

 

 

 

 

抜歯が終わって6週間後の状態です。

 

 

 

 

 

 

インプラントの歯ができるまでは、このような仮歯を使用していただいていましたので、見かけ的な問題はありません。

 

 

 

 

 

 

インプラントの計画を立てるために、歯と歯茎の形をスキャナーで3D画像として取り込みます。

 

 

 

 

 

撮影したCT画像と取り込んだ3Dの画像を重ね合わせて、インプラントの埋め込み位置をコンピュータ上で計画します。

 

 

 

 

 

 

院内に設備しているセレックにてレジンブロックをCAD/CAMにて削り出して、手術用のガイドを作成します(セレックガイド2)。

 

 

 

 

 

 

ガイドを用いて埋入することで、インプラントを正確な位置に埋入することができます。

 

 

 

 

 

 

骨の厚みが足りない部分へ人工骨を填入して、GBRを同時法で行います。

 

 

 

 

 

 

完全埋入縫合により、インプラントの埋入手術が終了したところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

オペ後のレントゲン写真です。

 

 

 

 

 

 

スクリュー固定のジルコニアクラウンが入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

術後のレントゲン写真です。全く問題ないと思います。

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

ストローマンBLTで、サイナスリフト1回法埋入!

上顎の奥歯の領域では、多くの場合は十分な量の骨がありません。

骨の厚みが5mm以上あれば、インプラントの埋入と同時に骨の材料を填入するソケットリフトという方法で手術できます。

しかし、5mm以下の場合はステージドアプローチという、まずは増骨の手術を行い、骨ができるまで5か月ほど待ち、その後にインプラントを埋入するという2段階の手術を行うのが一般的です。

しかし、現在の最新の表面性状であるSLActiveインプラントを使用することで、インプラントの埋入と同時の増骨でもインプラントは成功します。

また、BLTインプラントを使用することで、初期固定も獲得できればヒーリングアバットも装着して、一回のオペで補綴まで行くことができます。

当医院では、極力患者様に痛みや苦痛を伴わずに(低侵襲に)インプラントの治療を提供できるように努めています。

向かって右上の奥歯の領域に2本のインプラントを計画します。

 

術前のCTのプランニングですが、2番目のインプラントを埋入する予定場所の骨の厚みは3mm程度しかありません。

 

増骨に使用するbi0-ossと自己血の混和材です。

 

上顎洞の側面から窓開け(ウィンドテクニック)して、骨補てん材を填入すると同時にインプラントも埋入しました。

 

初期固定が取りやすいというBLTインプラントの特徴により、50N(ニュートン/cm)のトルクをかけて埋入出来ました。

 

  

 

 

 

 

埋入後のCTです。術後の腫れや痛みもほとんどありませんでした。

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

上顎側切歯の歯根破折にストローマンBLTインプラントで審美補綴!

 右上の2番目の歯の歯根が破折してしまったために抜歯となり、その歯を補うためにストローマンBLTインプラントNC12mmを埋入し、ジルコニアセラミック冠のスクルリュー固定で補綴を行いました。

 

歯ぐきの深いところには、慢性の炎症が続き抜歯となりました。

 

抜いた歯には斜めに割れ目が見えます。

 

抜歯から2か月後、インプラント時の歯茎の形ですが、慢性の炎症が続いていたために歯茎の下の骨が欠如しているのがわかります。

 

ストローマンBLTインプラント、ナロークロスフィット12mmを埋入し、Bi0-ossとBio-guideで同時法の骨造成を行いました。

 

いったん、スクリュー固定レジン製の仮歯を作成してもらいました。

 

表側から見えないように裏側にネジ穴を設けますが、手術時にこのような位置にネジ穴がくるような方向と角度にインプラントを設置するのが難しいのです。

 

仮歯とほとんど同じ形態でジルコニアセラミックの歯を製作してもらいました。右側のやや白いほうが最終的なジルコニアセラミックの歯です。

 

インプラント治療が終了したところです。向かって左の真ん中から2番目がインプラントの歯です。天然の歯と何ら変わりませんね。

 

治療後のレントゲン写真です。

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

ストローマンBLTインプラントでAll On 4 ーその4(ジルコニアブリッジ装着~終了)

熊本のアズテック歯科技工ラボの田中さん立ち合いで、かみ合わせを咬合器に移してもらいました。

その後は、ラボでジルコニアフレームにポーセレンを築盛した審美性の高いスクリュー固定の上部構造(ポーセレンガム付き)を製作してもらい、患者様の口腔内に装着しました。

下の奥歯も2本インプラント支持のジルコニア冠を同時に装着しました。

これで、何十年かぶりに前歯も奥歯もしっかり噛めるようになったと喜んでおられました。

審美性も問題なく、口元も若々しくなられ、下の歯はホワイトニングもされたので全体に白く綺麗な歯になりました。

 

 

 

 

 

鏡の上でとった写真ですので、表面と歯茎側の面が両方映っています。

4本のスクリューで固定されることになります。

 

   

歯が入ったあとの、状態です。ホワイトニングで全体に白く綺麗になりました。

ちなみに治療前の状態です。

 

下の奥歯2本もインプラントの歯です。

 

こちらの1番奥の歯は、ジルコニアセラミック冠です。

 

審美性も問題ありませんね。

 

 

 

術後のレントゲンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

ストローマンBLTインプラントでAll On 4 ーその3(ジルコニアブリッジの製作開始)

上顎に即時荷重の仮歯が入って当分の間は、柔かい食事をとるようにお願いしてきました。

3か月経過して、埋入したインプラントもしっかり骨とくっついたのを確認の後に、型取りを行いました。

4本のインプラントの位置関係に少しでも、ずれがあるとせっかく作った歯が入りませんので、寸分の狂いも無いように超精密な型取りが要求されます。

その後のアポイントでかみ合わせ取りを行って、ジルコニアブリッジの製作に入っていきます。

 

3か月使用した仮歯で、審美性や発音、咀嚼清掃性についてチェックします。

仮歯をかみ合わせの方向から見たところですが、4か所にスクリュー固定用の穴が見えます。

   

 

 

 

 

仮歯を外してインプラントにSRAが入った状態です。

 

インプラントの位置関係を正確に記録するためにインデクスを取ります。

 

その上で、粘膜面の印象をオープントレー法で取って行きます。

 

仮歯のかみ合わせを記録して、それを最終的なジルコニアブリッジのかみ合わせに移してきます。さて、いよいよこれから超精密な技工作業によって審美性の高い補綴物の製作が始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556