症例集

カテゴリ: 症例集(オペログ)

ストローマン抜歯即時と抜歯早期埋入

3月4~6日とフロリダのオーランドで行われたアメリカインプラント学会(AO)に参加してきました。 この学会は、インプラントの学会としては世界で最も規模の大きなもので最新の研究や臨床報告が盛りだくさんです。 すでに時差ボケが解消した後のインプラントオペです。 左下の5番部位に抜歯即時埋入、7番部位に抜歯早期埋入でストローマンインプラントを2本植立しました。 7番部位は抜歯窩が浅く広く残っていましたので、6番部位の歯槽頂の盛り上がった骨をマイセルで採得し移植しました。 5番部位は、やや舌側低位埋入で審美性にも配慮します。 7番部位はRNの8mmを予定していたのですが、ドリリング時に8mmから先に抵抗なく入りましたので、10mmの形成を行いました。 術後のパノラマでは、案の定下歯槽管に近接するかたちとなりましたが、大丈夫と思います。 初期固定も十分でしたから、8Wでアバット装着予定です。 全顎的に顎位の是正を伴う咬合再構成のケースですのでストローマンインプラントの利点である早い骨結合による、早期のプロビジョナル装着はありがたいです。 002 抜歯窩の残る7番部位。 005 埋入直後の状態です。 008 術後のパノラマ、7番部位の深度は想定の範囲です。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

サイナスリフト後のHA埋入

左側上顎6番部位にHAスプラインを1本埋入しました。 この部位は、bio-ossでサイナスリフトを行った後の埋入です。 近心側は骨幅がありませんので、やや遠心よりになっていますが、2本のHAで2歯補綴ですから問題ないと思います。 GBRの骨ですから、ドリリングは2.2mmだけ使用して、あとはサイトディレーティングオステオトームで圧縮拡大して、埋入しました。 術前シミュレーションソフトで骨の量と場所を確認していたので、簡単でした。 井浦ソケット ノーベルガイドで遠心のインプラントからの距離で埋入ポジションを決定します。 DSC_3250 初期固定も十分取れています。 P18 術後のパノラマです。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

EBIの抜歯窩インプラント

EBIを下顎臼歯部に2本埋入しました。 7番部位は、歯周病のために抜歯して1.5か月後です。 まだ、ほとんど抜歯窩には骨ができていませんでしたが、ワイドボディーの11mmを使用して、先端1/3の部分で35Nの初期固定を得ました。 埋入位置はもう少し近心のほうがよかったのですが、抜歯窩の関係で妥協しています。 6番部位の頬側にはやや骨が不足していましたので、歯槽頂から採取した自家骨チップを移植しています。 埋入深度は、骨縁としていますが、7番部位は骨の修復具合では骨縁下になるかもしれません。 カフ1または2のプラットフォームシフトアバットメントを使用しますので、融通が利くところが、EBIの良いところですね。 現在、ストローマンをメインにEBI、アストラテック、ノーベル、カルシテックと5種類のインプラントシステムを用いていますが、それぞれの長所をうまく生かした適応症の選択が鍵になります。 002 7番部位の大きな抜歯窩に注目。 005 6番部位には、自家骨を移植したうえで、縫合終了。 006 右側6,7部位にインプラント埋入後のパノラマ。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

ストローマンで早期負荷をねらう

歯周病がひどくなり、奥歯をほとんど抜歯した患者さんです。 前歯は、エムドゲインという歯周病の治療を行い何とか抜かずに済みそうです。 現在、上下に治療用の入れ歯を使ってもらっています。 治療用の入れ歯は、残っている治療中の歯に大きな負担がかかりますので、あまり使用したくありません。 できるだけ早く、入れ歯を使わなくて済むようにしたいので、骨との結合が早いストローマンインプラントを使用しました。 入れ歯がないと、食事に不便なのでティッシュコンディショナーという軟かい裏打ちをして、使ってもらいます。 この時、入れ歯の固い内面が決して、インプラントのカバースクリューに触れていてはいけません。 触れていると、ロスト(失敗)する可能性が高いので、注意しましょう。 DSC_3191 両側のオペは、40分 DSC_3193 ティッシュコン後の内面をマイクロスコープで注意深く観察します。 P3 術後のパノラマです。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

Straumann Bone Level とGBR

下顎3番部位にストローマンインプラントの骨縁埋入型Bone levelを埋入しました。 骨幅が足りないのは、口腔内視診でわかっていましたからBioguardとBio-ossでサイマルテーニアス(同時法)で骨増生を行いました。 このインプラントはまだ国内での販売認可が取れていませんので、スイスから直輸入で使用しています。 この新しいタイプのインプラントが発売されてから、現在国内流通しているストローマンインプラントは、ティッシュレベルインプラントと呼ばれるようになりました。つまり、プラットフォームを歯肉縁(ソフトティッシュ)の高さに一致させて使用するからです。 この新しいストローマンインプラントは、アバットメントとの接合様式も新しく、4面のグルーブでコニカルリテンションを得るクロスフィットと呼ばれるインターナルコネクションを採用しています。 そして、、既製の解剖学形態のアバットメントが用意されているのが使いやすそうです。 そのために、インプラントの埋入時の中心角度が決められていて、フィクスチャーマウントのレーザーマーキングされたラインを唇側へ一致させることになっています。 011 ブルーのフィクスチャーマウントの部分に見えるシルバーのラインが外側へ来るようにします。 016 Bio-ossを唇側の裂開部分へGBRします。 020 埋入後のパノラマです。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556