症例集

カテゴリ: 症例集(オペログ)

大臼歯部にストローマンBL4.1Φ12mmロキソリッド埋入

左下の6番部位にストローマンSLActiveロキソリッド4.1Φ12mmを埋入しました。

術前のCTで皮質骨が厚いものの海綿骨はClass Ⅳで柔らかいのがわかります。

両側の皮質骨で固定してなるべく長いインプラントを使用します。

大臼歯の単独補綴で咬合力がかなりかかる部位ですが、チタンジルコニア合金素材のロキソリッドであれば問題ないと思います。

この方は、上下左右にインプラントが必要でしたが、今日の4回目のオペで終了しました。

あとは、2か月後には全体の補綴作業に移っていきます。

 

無題術前のCTで骨の厚みと質を確認しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_2622近遠心的な埋入のポジションだけは慎重に設定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_2623使用した、ストローマンボーンレベルインプラントSLActiveロキソリッド RC4,1Φ12mmです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_2624インプラントの埋入中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

蓑毛_祇20170119_25095術後のレントゲンです。良い位置に入りました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

歯周病に有利なストローマンティッシュレベルインプラント

  歯周病が進行して歯を失われた患者様にインプラントを応用するときには、インプラント周囲炎(インプラントの歯周病)に気を付けないといけません。

その点、ストローマンティッシュレベルインプラントは1回法インプラントで、骨縁にマイクロギャップが存在せず、歯周病菌の生息スペースがないためにインプラント周囲炎になりにくいと考えられます。

この患者様の左上の奥歯の欠損に対してもティッシュレベルインプラントを使用しました。

充分な既存骨がなかったので、ソケットリフトを併用して1回法で埋入しました。

3か月後には、オステル値が65を超えましたので、スクリュー固定でジルコニアのブリッジを装着しました。

現在3か月ほど経過しましたが、経過良好です。

 

DSC_5783患者様には、ご家庭でのブラッシングを頑張っていただき、歯周病の初期治療をしっかり済ませてからの、インプラント埋入が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

mitani 1術前のCTプランニング画像です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_2168インプラントが成功して、歯を作るための型取りの時のが画像です。

周囲の歯茎の健康な様子がわかります。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_2165ねじ止めのブリッジですが、セメント固定に比べると治療や作成に緻密さがもとめられ、コストもかかりますが、インプラント周囲炎のリスクは大幅に軽減ざれます。

 

 

 

 

 

 

 

三谷_浩20161124_24376スクリュー固定のジルコニアのブリッジが入った時のレントゲンです。

適合精度が完璧に仕上がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_2523歯が入った後の状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

下顎67番GBR同時インプラント埋入後の補綴

右下に埋入したストローマンインプラントの補綴です。

6番部位の埋入深度が深くなっていますが、インターナルコネクションのアバットメントなので印象操作に困難は生じませんし、スクリューリテインの補綴物なのでセメント除去の困難もありません。

フルジルコニアなので、破折の問題も回避できて、従来のアバットメント装着→補綴物作成→セメンティングの操作で生じるテクニカルエラーのリスクがほとんどありません。

このような、今までなら難しいケースでも今では難なく治療が完了していきます。

患者さん、術者ともにストレスがなくなり、いい時代になりましたね。

 

染井_論20151027_19263治療前のレントゲンですが、右下の6番部位は大きな骨吸収がみられます。

 

 

 

 

 

染井_論20160926_23646治療後のレントゲンです。インプラントにより快適な固定式の歯が入りました。

 

 

 

 

 

 

DSC_1266補綴時のお口の中です。手前の穴の中にあるインプラントの位置がやや深いです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1258ねじ止め(スクリューリテイン)のジルコニアの補綴物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1269インプラントに歯が固定されたところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

抜歯後の欠損に対して、同時法のGBRにてボーンレベルテーパード埋入

この症例は、抜歯後の顎堤が極度に吸収して、インプラントを支持する骨が足りなかったケースです。

事前のCTにて、骨の状態は確認できていましたので、インプラントの先の方だけでも初期固定が得られやすい、ストローマンボーンレベルテーパードインプラントを使用しました。

インプラント周囲の欠損部には吸収の少ないBi0-ossを使用しました。

極力手術回数が少なく、痛み腫れの出にくい方法でインプラント治療を行うということに主眼を置いていますので、このようなケースも1回のオペでインプラントの手術が終わります。

オペ後は、特に痛みも腫れも出ずにすみました。

 

DSC_4227歯槽頂が見るからに陥凹しています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4231ストローマンのロキソリッドSLActive BoneLevel Tapered4.1Φ12mm使用しました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4235バイオスでGBRします。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4236バイオガイドで被覆します。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4237完全埋入でオペ終了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

下顎大臼歯にチタンジルコニア合金のロキソリッド埋入

  下顎6番の単独インプラントに対して4.1mmΦのストローマンボーンレベルインプラントを使用しました。

本来は、4.8mmΦのワイドインプラントを使用したいところですが、骨幅が足りませんでした。

しかし、ストローマンの新しいチタンとジルコニアの合金素材であるロキソリッドは、従来の純チタン素材にくらべて強度が24%もアップしていますので、大臼歯の単独インプラントケースでも安心して使用できます。

深さは十分にあるケースでしたので、12mmのSLActiveを用いたので、6週で補綴が可能となるケースですね。

本当に、最近のインプラントは安心で楽になりました。

 

DSC_2323

 

 

 

 

 

 

術前の埋入部位の所見です。付着歯肉も必要最低限は存在します。

 

 

蓑毛CT

 

 

 

 

 

 

術前のプランニングCT画像です。

 

 

DSC_2327

 

 

 

 

 

 

Straumann SLActive Roxlorid親水性サーフェイス埋入中です。

 

 

DSC_2332

 

 

 

 

 

 

ロキソリッドSLActiveです。

 

 

DSC_2329

 

 

 

 

 

 

術後の所見です。術後出血もほとんどありません。

 

 

蓑毛_祇20161215_24688

 

 

 

 

 

術後のレントゲンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556