症例集

カテゴリ: 症例集(オペログ)

下顎2,4,6番部位に3本埋入。

今日のインプラントオペは、下顎の2番から6番までに3本を埋入しました。

使用したのは、ストローマン社のボーンレベルインプラントSLActiveです。

3本のインプラントで5本の歯をブリッジで作っていきますので、力学的な観点からもインプラント体は出来るだけ平行に入っているのが望ましいです。

2番の部位は、抜歯早期埋入でしたが十分に初期固定も取れましたので、特に何も問題なくオペは25分で終了しました。

 

DSC_8554

 

 

 

 

 

 

オペ前の歯茎の状態です。

 

DSC_8557

 

 

 

 

 

 

3本のアライメントピンが平行に入っているところに注目してください。

 

DSC_8560

 

 

 

 

 

 

使用したインプラントはストローマン社のSLActiveです。

 

DSC_8559

 

 

 

 

 

 

4番部位に4.1Φの10mmを埋入中です。

 

DSC_8563

 

 

 

 

 

 

ヒーリングキャップを装着して1回法で終了します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

上顎前歯部のGBR同時インプラント埋入

先週のオペですが、忙しくてアップが遅くなりました。

左上の中切歯から犬歯まで3本の前歯が欠損した女性の患者様です。

抜歯から8週間たっていますので、いわゆる抜歯早期埋入ということになります。

術前のCTで、頬側の骨が足りないために、埋入と同時にGBRを行う予定でしたので、歯茎が完全に治癒する8週間を待時してのオペとしました。

 

DSC_8398

 

 

 

 

 

 

抜歯から8週間後です。左上の前歯から犬歯まで3本が欠損しています。

 

坂東

 

 

 

 

 

 

術前のギャラクシスというプランニングソフトによる埋め込みの計画です。

 

DSC_8406

 

 

 

 

 

 

最近は、従来のSLAという表面性状のインプラントの在庫がはけてきたので、ほとんどがこのSLActiveとなっています。

 

DSC_8407

 

 

 

 

 

 

埋入後には頬側に骨の裂開が見られます。

 

DSC_8408

 

 

 

 

 

 

Bio-ossとBio-guideの黄金コンビで埋入と同時法のGBR(Guided Gone Regeneration)です。

 

DSC_8409

 

 

 

 

 

 

術後の痛みや腫れもなく順調に経過中です!

 

坂東_柔20150319_15974

 

 

 

 

 

オペ後のレントゲンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:未分類, 症例集(オペログ)

下顎5,6番部位にGBR併用のストローマンSLActive埋入しました。

今日のオペは、右下の5,6番部位に2本のストローマンボーンレベルインプラントのRC 4.1Φ×12mmを埋入しました。

5番部位は、頬側の骨が欠損しているのがわかっていましたので、GBR同時埋入の予定でオペに臨みました。

6番部位には、歯槽頂から頬側にかけて骨の膨隆があり、歯槽提の形態を整えるためにもこれを除去する必要がありましたので、除去した骨を5番部位の頬側に移植してメンブレンで被覆しました。

初期固定は十分でしたが、骨質がClass4のため、通常ならば3か月程度は待時して補綴するケースですが、SLActiveですから6週くらいで行けるかもしれませんので、楽しみです。

 

teshima ct

 

 

 

 

 

 

術前のシミュレーションソフトでの埋入ポジションです。

 

DSC_8357

 

 

 

 

 

 

6番部位には余分な骨がありましたので、マイセルで削除しています。

 

DSC_8361

 

 

 

 

 

 

あくまでも平行性にはこだわります。

 

DSC_8362

 

 

 

 

 

 

超親水性の表面性状を持つストローマンSLActiveインプラントは、生理食塩水のアンプルに入っています。

 

DSC_8364

 

 

 

 

 

 

インプラントの埋入が終了した状態ですが、5番の頬側に骨の裂開が認められます。

 

DSC_8367

 

 

 

 

 

 

裂開部位に自家骨のチップをおいて、コラーゲンメンブレンにてカバーしたところです。

 

手嶋_農20150318_15965

 

 

 

 

 

埋入後のパノラマレントゲン写真です。完璧なポジションに入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

上顎無歯顎へ8本埋入計画のうち4本埋入しました。

   この患者様は、上顎に1本も歯が無く、オールオン4を希望されて来院されましたが、CTを撮影したところオールオン4の適応ではありませんでした。

骨移植なしで埋入できる場所は両側の上顎結節の部分だけでしたので、この場所に2本とと前歯部にGBRを行い2本のインプラントを埋入して、合計4本のインプラントでインプラントオーバーデンチャーを提案しました。

しかし、この患者様はどうしても固定式の義歯にしてほしいという希望が強いため両側の中間部にもサイナスリフトを行い左右2本ずつのインプラントを埋入して、固定式のボーンアンカードブリッジとする計画です。

今日は、前歯部2本と上顎結節部2本の4本を埋入しました。

 

 katuki

 

 

 

 

 

術前の埋入のシミュレーションですが、両側7番部位以外はすべて骨造成が必要なケースです。

 

DSC_8284

 

 

 

 

 

 

上顎2番部位では、唇側に裂開が生じています。使用したのは、ストローマンボーンレベルRC 4.2Φ×10mmです。

 

 DSC_8286

 

 

 

 

 

 

歯槽頂から削除した自家骨のチップとBi0-ossとBio-guideにてGBRを行っています。

 

DSC_8287

 

 

 

 

 

 

上顎結節部位にはストローマンボーンレベルRC 4.8Φ×8mmを埋入しました。

 

香月_垣20150313_15913

 

 

 

 

計画通りのポジションに4本のインプラントが正確に埋入されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

下顎6番部位にスプラインワイド径インプラント埋入!

   今日のオペは、左下6番部位にスプライン5.0Φ×8mmを通常埋入しました。

7番部位には、昨年の9月にGBRと同時埋入のスプライン8mmが入っています。

6番が歯根破折で、近心根相当部に骨欠損が残っていたので、やや遠心に埋入となっています。

7番のインプラントは同時に2時オペも行っていますので、2か月後に上部構造製作のための印象採得へ移行できると思います。

 

DSC_8045

 

 

 

 

 

 

7番部位には、粘膜下にインプラントが入っています。

 

 

DSC_8047

 

 

 

 

 

 

6番部位にスプライン埋入したところです。

 

DSC_8050

 

 

 

 

 

 

7番は同時に2次オペ、6番は1回法で通常埋入です。

 

立石_祇20150307_15821

 

 

 

 

術後のレントゲン写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556