症例集

カテゴリ: 症例集(オペログ)

右下4,6番部位成熟側埋入

今日のオペは、下顎臼歯部の成熟側にストローマンBL4.1Φ×10mmと12mmを埋入しました。

時に難しいことは何もありませんでしたが、4番部位の歯槽頂が頬側へ斜面状に傾斜していたのでそれをマイセルとマレットで骨削除を行い、なるべくフラットな歯槽の形態となるようにしました。

初期固定も35Nとれて閣下歯肉の量も充分ですので、4週間したらオステルでインプラントの安定度を調べて6週間後に補綴が入れられたらいいと思います。

 

DSC_9090

インプラントブリッジとしますので、平行性は大事です。

 

DSC_9091

歯槽頂の骨を削除して平らにしています。

 

 

DSC_9093

 

 

 

 

 

 

 

ストローマンの親水性表面性状のSLActiveを使用していますので、血液が上がってきます。

 

 

DSC_9095

 

 

 

 

 

 

 

オペ終了後の状態です。1回法で埋入、20分ほどで終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

右下6番部位のGBR同時埋入!

右下第1大臼歯を近親根の歯根破折で抜歯となった8週後のインプラント埋入です。

近心頬側に骨の裂開があったために、Bio-ossとBio-guideでGBRを行いつつ、ストローマンボーンレベルRC4.8mm×10mmを粘膜下に完全埋入しました。

特に問題なく30分程度で終了です。

 

DSC_8714

 

 

 

 

 

 

術前の画像でも頬側の陥凹がわかります。

 

 

DSC_8719

 

 

 

 

 

 

最近はストローマンボーンレベルSLActiveをほとんどの症例で使っています。

 

DSC_8722

 

 

 

 

 

 

埋入後に裂開が見られます。

 

DSC_8724

 

 

 

 

 

 

Bio-ossとBio-guideでGBRしています。

 

 

原岡_酸20150402_16256

 

 

 

 

術後のレントゲン写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

上顎4番部位にボーンレベルSLActive埋入!

今日のオペは、抜歯から8週経過後の埋入で、抜歯早期埋入となります。

粘膜が完全に治癒しているので、フラップを展開した時に予想外の骨の欠損があったとしても、GBRで対応できますので失敗リスクの少ない埋入時期です。

抜歯窩も半分ほどは骨で満たされていましたので、十分に初期固定も取ることができました。

使用したインプラントはストローマンSLActiveですので、4週間で治癒する見込みです。

6週間後には、上部構造がセットできる予定です。

 

DSC_8630

 

 

 

 

 

 

抜歯から8週間経過した粘膜の状態です。

 

DSC_8632

 

 

 

 

 

 

深度ゲージにてドリリングの深さと近遠心的な位置を確認します。

 

DSC_8636

 

 

 

 

 

 

SLActiveを埋入中です。

 

DSC_8639

 

 

 

 

 

 

ヒーリングキャップの4mmを装着して1回法で終了しました。

 

東_祇20150331_16220

 

 

 

 

の患者様は、2回目のオペでしたので、左下にも同じSLActiveが2本入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

下顎2,4,6番部位に3本埋入。

今日のインプラントオペは、下顎の2番から6番までに3本を埋入しました。

使用したのは、ストローマン社のボーンレベルインプラントSLActiveです。

3本のインプラントで5本の歯をブリッジで作っていきますので、力学的な観点からもインプラント体は出来るだけ平行に入っているのが望ましいです。

2番の部位は、抜歯早期埋入でしたが十分に初期固定も取れましたので、特に何も問題なくオペは25分で終了しました。

 

DSC_8554

 

 

 

 

 

 

オペ前の歯茎の状態です。

 

DSC_8557

 

 

 

 

 

 

3本のアライメントピンが平行に入っているところに注目してください。

 

DSC_8560

 

 

 

 

 

 

使用したインプラントはストローマン社のSLActiveです。

 

DSC_8559

 

 

 

 

 

 

4番部位に4.1Φの10mmを埋入中です。

 

DSC_8563

 

 

 

 

 

 

ヒーリングキャップを装着して1回法で終了します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

上顎前歯部のGBR同時インプラント埋入

先週のオペですが、忙しくてアップが遅くなりました。

左上の中切歯から犬歯まで3本の前歯が欠損した女性の患者様です。

抜歯から8週間たっていますので、いわゆる抜歯早期埋入ということになります。

術前のCTで、頬側の骨が足りないために、埋入と同時にGBRを行う予定でしたので、歯茎が完全に治癒する8週間を待時してのオペとしました。

 

DSC_8398

 

 

 

 

 

 

抜歯から8週間後です。左上の前歯から犬歯まで3本が欠損しています。

 

坂東

 

 

 

 

 

 

術前のギャラクシスというプランニングソフトによる埋め込みの計画です。

 

DSC_8406

 

 

 

 

 

 

最近は、従来のSLAという表面性状のインプラントの在庫がはけてきたので、ほとんどがこのSLActiveとなっています。

 

DSC_8407

 

 

 

 

 

 

埋入後には頬側に骨の裂開が見られます。

 

DSC_8408

 

 

 

 

 

 

Bio-ossとBio-guideの黄金コンビで埋入と同時法のGBR(Guided Gone Regeneration)です。

 

DSC_8409

 

 

 

 

 

 

術後の痛みや腫れもなく順調に経過中です!

 

坂東_柔20150319_15974

 

 

 

 

 

オペ後のレントゲンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:未分類, 症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556