症例集

カテゴリ: 症例集(オペログ)

上顎6,7番部位へ2本のストローマンワイドネック8mmをソケットリフトで埋入

今日は、午前も午後も上顎の臼歯部インプラントの手術で、どちらも上顎洞へのソケットリフトで埋入しました。

この症例は、午後のオペで右上の6,7番部位にストローマンインプラントの大臼歯用1回法のワイドネックΦ4.8mmを2本使いました。

術前のCTでわかるように、上顎洞粘膜にかなり肥厚が見られましたので、耳鼻科医へ対診を行ったところエンドスコープ(内視鏡)での審査で上顎洞粘膜に炎症は見られないとの返事をいただきました。

6と7番の間にかなり高い中隔がありましたので、ラテラルアプローチではなく、オステオトームテクニックを用いました。

最終のオステオトームΦ4.0mmで骨補てん材を入れて、ボディー径Φ4.2mmのワイドネックをセルフタップで埋入しました。

これにより、手指感覚では、しっかりとした固定が得られましたので、1回法でオペを終了しています。

4か月後くらいからオステルによるISQ値を調べていって、65以上になった時点で補綴に移っていきます。

今までのステージドアプローチ+ラテラルウィンドウテクニック+完全埋入手術に比べると、患者様への身体的、時間的、コスト的負担は、圧倒的に少なくなると思われます。

永坂_胆20150808_18240

 

 

 

 

一昨年、左下に当医院でインプラントを行っていましたが、今回右上の欠損に対してもインプラントを希望されました。

 

術前CT

 

 

 

 

 

 

術前の3D CTでの埋入シミュレーションです。ここでシュナイダー膜の肥厚が認められたので、耳鼻科への対診となりました。

 

DSC_5314

 

 

 

 

 

 

オステオトームテクニックで補てん材を填入しながら、粘膜を挙上していきます。

 

DSC_5316

 

 

 

 

 

 

7番部位の骨が薄いところは、ドリリングで穿孔しないようにピエゾサージェリーを使用して、ソケットホールを形成します。

 

DSC_5318

 

 

 

 

 

 

使用したストローマンワイドネック8mmのSLActiveです。

 

DSC_5322

 

 

 

 

 

 

埋入が終了したところですが、しっかり固定ができています。

 

術後CT

 

 

 

 

 

 

術後のCT画像での確認です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

ストローマンボーンレベルSLActiveで歯槽頂のGBR

他医院にて施術してもらった左下67番部位のインプラントがインプラント周囲炎によりリカバリー不可能な状態となって当医院へ来院されました。

やむなくそのインプラントは撤去して、新たに再埋入することになりました。

術前のCTによる診査では、インプラント周囲炎のために撤去後の歯槽骨の垂直的高さが足りなくなっていましたが、インプラント埋入と同時の 歯槽頂への増骨(GBR)にて対処しました。

インプラント手術は完全埋入としていて、4か月後に2次オペを行う予定です。

 

DSC_2778

 

 

 

 

 

 

向かって右下の奥歯がインプラントですが、インプラント周囲炎でグラグラになっています。

 

DSC_2784

 

 

 

 

 

 

撤去した2本のフィクスチャーとクラウンです。

 

三島術前

 

 

 

 

 

 

プランニングソフトでシミュレーションしましたが、7番部位は下歯槽管も近く長さ8mmのショートインプラントの予定です。

 

DSC_4509

 

 

 

 

 

 

歯槽頂にGBRするために、インプラントは浅く埋入し、出血を促すためのデコルチケーションをしています。

 

DSC_4510

 

 

 

 

 

 

Bi0-ossと自家骨を混和して、歯槽の形態を整えます。

 

DSC_4511

 

 

 

 

 

 

Bi-ossとのゴールデンコンビのBio-guideを用い、十分な減張切開を加えたのちに縫合します。

 

 

三島_狙20160206_20581

 

 

 

 

埋入後のパノラマレントゲンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

ガイドサージェリーでインプラント埋入後の仮歯装着

上顎中切歯の抜歯後にガイドサージェリーにてストローマンボーンレベルインプラントRC4.1Φ10mmを埋入しました。

最終的なセラミックスの歯をスクリューリテインジルコニアで製作するために、アクセスホール(ねじ止めの穴)が口蓋側に来るようにインプラントの埋入位置を決定します。

それには、3DCTとプランニングソフトが必要で、プランニングした場所に正確に埋め込むためにガイドサージェリーも有用となります。

プランニングの結果、既存の骨の中には納まらないことがわかりましたので、手術に際してはGBR(骨造成)が必要なことも事前にわかっています。

GBRはグローバルスタンダードな材料と手法を用いて確実に、完全埋入縫合で2回法にて行います。

手術から3か月後に2次オペをして歯肉の治りを待ってから、型取りを行い本日仮歯が入りました。

ほとんど予想した通りの結果となっていますので、2週間後にセラミックスの歯を製作のための型取りとなります。

セラミックスの歯が入りましたら、またアップします。

 

 

 

術後CT

 

 

 

 

 

 

 ギャラクシスを使用したインプラント埋入シミュレーションです。セレックスキャンでバーチャルの上部構造をイメージングし、それに対してインプラントの埋入位置を設定します。

 

DSC_0019

 

 

 

 

 

 

サージカルガイドを使用して、ドリリングしていきます。

 

 DSC_0033

 

 

 

 

 

 

Bi0-ossとBioguideを使用してGBRを行っています。

 

 DSC_0037

 

 

 

 

 

 

オペが終了した状態です。2回法の完全埋入です。

 

 DSC_4852

 

 

 

 

 

 

2次オペ後に仮歯を作成します。

 

 DSC_4861

 

 

 

 

 

 

中切歯と側切歯に仮歯が入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

右下第2小臼歯部へボーンレベルSLActive+GBR

      右下の5番部にストローマンボーンレベルインプラントRC4.1Φ12mmをGBRと同時の埋入を行いました。

頬側の骨が欠損していたので、骨造成が必要でしたが、この程度ならサイマルテーニアス(同時法)で可能です。

ごくごく普通に行う手術法ですので、スタッフのアシストも慣れたものですし、30分程度で終了します。

歯槽頂までバイオスを使用しているために、完全埋入の縫合を行いました。

一応3か月待時して、2次オペの予定です。

 

DSC_4326

 

 

 

 

 

 

埋入部位のCT画像ですが、頬側の骨がかなりなくなっています。

 

DSC_4315

 

 

 

 

 

 

歯肉粘膜を翻転したところです。CT画像よりも状況は悪くないです。

 

DSC_4320

 

 

 

 

 

 

ボーンレベルインプラントのロキソリッドSLAを埋入中です。

 

DSC_4322

 

 

 

 

 

 

初期固定はきっちり取れています。

 

DSC_4323

 

 

 

 

 

 

頬側の裂開部にGBR、インプラント表面に自家骨をおいて、その上にBio-ossです。

 

DSC_4324

 

 

 

 

 

 

Bi0-0ssの上にコラーゲンメンブレンをおいて、縫合します。

 

高村_柔20160128_20460

 

 

 

 

術後のパノラマです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

上顎第1大臼歯にソケットリフトでHAインプラント埋入

     この患者様は、今までに他医院でインプラント治療を3~4回受けられていましたが、今回は池田歯科での初めてのインプラント治療となりました。

右上の第1大臼歯が歯根の破折で抜歯となり、そこへスプラインHAインプラントを1本埋入しました。

術前のCT画像で見る限り、ほとんど歯槽頂の骨が無く初期固定が難しいケースでしたが、うまくオペを行えばインプラント埋入と同時のソケットリフト法でうまくいくことがわかっています。

手術の後は、痛みも腫れもほとんどなく今までのインプラント手術に比べてとても楽だったとのことでした。

土器術前CT

 

 

 

 

 

 

オペ前のCT画像での埋入シミュエーションです。既存の歯槽骨はほとんどありませんが、両側が高くソケットリフトには利点のある形状でした。

 

DSC_2055

 

 

 

 

 

 

このようなケースでは、ドリルを使用するとシュナイダー膜を穿孔する危険がありますので、ピエゾサージェリーと言われる、マイクロ振動の機器で骨を削っていきます。

 

DSC_2054

 

 

 

 

 

 

その後、オステオトームテクニックを使用して、埋入を行いました。

DSC_2058

 

 

 

 

 

 

埋入直後の状況ですが、固定もある程度取れています。また、歯槽頂がフラットですので、予後も良好だと思います。

土器_契20150929_18850

 

 

 

 

術後のパノラマレントゲン写真ですが、補填材と共にうまく上顎洞粘膜が挙上されているのがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556