症例集

カテゴリ: 症例集(オペログ)

上顎臼歯部へティッシュレベルインプラント埋入

この患者さんは、歯周病のリスクが高いのでストローマンティッシュレベルインプラントを使用しました。

ティッシュレベルインプラントは、骨縁埋入型にインプラントのようにマイクロギャップ(インプラント体とアバットメントのつなぎ目)が無いため、インプラント周囲炎のリスクが少ないです。

このケースは、上顎5,7番部位へ2本のストローマンティッシュレベルインプラントをソケットリフトで埋入しました。

5番部位の洞底の皮質骨が固くオステオトームのみでは、若木骨折できなかったので、ピエゾサージェリーを用いました。

 

DSC_6755この部位へ2本のインプラントを埋入していきます。

 

 

 

 

 

 

DSC_67667番部位は、スムーズにオステオトームテクニックでソケットリフトできました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_67655番部位は骨が固く、ピエゾの出番となりました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_6770埋入終了後の状態です。

 

 

 

 

 

 

三谷_浩20160525_22064埋入後のレントゲンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

左下4,5番へBLT RC 4.1Φ×10mm埋入

今日は、左下の小臼歯部へ2本のストローマンインプラントのボーンレベルテーパード、レギュラークロスフィット10mmを埋入しました。

上顎は、第1小臼歯から第1小臼歯までの8本を連結したブリッジで、両側遊離端の金属床の部分義歯を製作します。

上顎の咬合支持は小臼歯部までで、下顎も大臼歯までのインプラントは必要ないので左下4,5番に埋入し6番への1歯のカンチレバーポンティックのインプラントブリッジとします。

咬合支持の要件のほかにも、5番部までは十分な骨量があるものの6、7番部位においては下歯槽管までの距離が不足していて、この部位にインプラントを埋入するためには、GBRが必要となり余分な費用と治療期間がかかるという問題もあります。

 

樋口術前

 

 

 

 

 

 

術前のCTのプランニングにて、骨密度も既存骨量も充分に存在します。

 

 

DSC_6620

 

 

 

 

 

 

術前の口腔内所見でも、5番部位までにボリュームがあるのがわかります。

 

DSC_6624

 

 

 

 

 

 

常に完全な平行埋入を心がけます。

 

DSC_6626

 

 

 

 

 

 

使用したフィクスチャーは、最新のBLT 形態で、素材はチタンジルコニア合金のロキソリッドで、強度も純チタンに比べて24%アップしていますので、カンチレバーの設計にも十分でしょう。

 

DSC_6629

 

 

 

 

 

 

インプラント埋入後の所見です。5番の埋入位置をやや遠心に設定して、カンチレバーブリッジの応力を分散します。

 

樋口_棒20160517_21917

 

 

 

 

 

術後のパノラマレントゲンです。6週間後に補綴物の製作にかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

上顎6,7番部位へ2本のストローマンワイドネック8mmをソケットリフトで埋入

今日は、午前も午後も上顎の臼歯部インプラントの手術で、どちらも上顎洞へのソケットリフトで埋入しました。

この症例は、午後のオペで右上の6,7番部位にストローマンインプラントの大臼歯用1回法のワイドネックΦ4.8mmを2本使いました。

術前のCTでわかるように、上顎洞粘膜にかなり肥厚が見られましたので、耳鼻科医へ対診を行ったところエンドスコープ(内視鏡)での審査で上顎洞粘膜に炎症は見られないとの返事をいただきました。

6と7番の間にかなり高い中隔がありましたので、ラテラルアプローチではなく、オステオトームテクニックを用いました。

最終のオステオトームΦ4.0mmで骨補てん材を入れて、ボディー径Φ4.2mmのワイドネックをセルフタップで埋入しました。

これにより、手指感覚では、しっかりとした固定が得られましたので、1回法でオペを終了しています。

4か月後くらいからオステルによるISQ値を調べていって、65以上になった時点で補綴に移っていきます。

今までのステージドアプローチ+ラテラルウィンドウテクニック+完全埋入手術に比べると、患者様への身体的、時間的、コスト的負担は、圧倒的に少なくなると思われます。

永坂_胆20150808_18240

 

 

 

 

一昨年、左下に当医院でインプラントを行っていましたが、今回右上の欠損に対してもインプラントを希望されました。

 

術前CT

 

 

 

 

 

 

術前の3D CTでの埋入シミュレーションです。ここでシュナイダー膜の肥厚が認められたので、耳鼻科への対診となりました。

 

DSC_5314

 

 

 

 

 

 

オステオトームテクニックで補てん材を填入しながら、粘膜を挙上していきます。

 

DSC_5316

 

 

 

 

 

 

7番部位の骨が薄いところは、ドリリングで穿孔しないようにピエゾサージェリーを使用して、ソケットホールを形成します。

 

DSC_5318

 

 

 

 

 

 

使用したストローマンワイドネック8mmのSLActiveです。

 

DSC_5322

 

 

 

 

 

 

埋入が終了したところですが、しっかり固定ができています。

 

術後CT

 

 

 

 

 

 

術後のCT画像での確認です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

ストローマンボーンレベルSLActiveで歯槽頂のGBR

他医院にて施術してもらった左下67番部位のインプラントがインプラント周囲炎によりリカバリー不可能な状態となって当医院へ来院されました。

やむなくそのインプラントは撤去して、新たに再埋入することになりました。

術前のCTによる診査では、インプラント周囲炎のために撤去後の歯槽骨の垂直的高さが足りなくなっていましたが、インプラント埋入と同時の 歯槽頂への増骨(GBR)にて対処しました。

インプラント手術は完全埋入としていて、4か月後に2次オペを行う予定です。

 

DSC_2778

 

 

 

 

 

 

向かって右下の奥歯がインプラントですが、インプラント周囲炎でグラグラになっています。

 

DSC_2784

 

 

 

 

 

 

撤去した2本のフィクスチャーとクラウンです。

 

三島術前

 

 

 

 

 

 

プランニングソフトでシミュレーションしましたが、7番部位は下歯槽管も近く長さ8mmのショートインプラントの予定です。

 

DSC_4509

 

 

 

 

 

 

歯槽頂にGBRするために、インプラントは浅く埋入し、出血を促すためのデコルチケーションをしています。

 

DSC_4510

 

 

 

 

 

 

Bi0-ossと自家骨を混和して、歯槽の形態を整えます。

 

DSC_4511

 

 

 

 

 

 

Bi-ossとのゴールデンコンビのBio-guideを用い、十分な減張切開を加えたのちに縫合します。

 

 

三島_狙20160206_20581

 

 

 

 

埋入後のパノラマレントゲンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

ガイドサージェリーでインプラント埋入後の仮歯装着

上顎中切歯の抜歯後にガイドサージェリーにてストローマンボーンレベルインプラントRC4.1Φ10mmを埋入しました。

最終的なセラミックスの歯をスクリューリテインジルコニアで製作するために、アクセスホール(ねじ止めの穴)が口蓋側に来るようにインプラントの埋入位置を決定します。

それには、3DCTとプランニングソフトが必要で、プランニングした場所に正確に埋め込むためにガイドサージェリーも有用となります。

プランニングの結果、既存の骨の中には納まらないことがわかりましたので、手術に際してはGBR(骨造成)が必要なことも事前にわかっています。

GBRはグローバルスタンダードな材料と手法を用いて確実に、完全埋入縫合で2回法にて行います。

手術から3か月後に2次オペをして歯肉の治りを待ってから、型取りを行い本日仮歯が入りました。

ほとんど予想した通りの結果となっていますので、2週間後にセラミックスの歯を製作のための型取りとなります。

セラミックスの歯が入りましたら、またアップします。

 

 

 

術後CT

 

 

 

 

 

 

 ギャラクシスを使用したインプラント埋入シミュレーションです。セレックスキャンでバーチャルの上部構造をイメージングし、それに対してインプラントの埋入位置を設定します。

 

DSC_0019

 

 

 

 

 

 

サージカルガイドを使用して、ドリリングしていきます。

 

 DSC_0033

 

 

 

 

 

 

Bi0-ossとBioguideを使用してGBRを行っています。

 

 DSC_0037

 

 

 

 

 

 

オペが終了した状態です。2回法の完全埋入です。

 

 DSC_4852

 

 

 

 

 

 

2次オペ後に仮歯を作成します。

 

 DSC_4861

 

 

 

 

 

 

中切歯と側切歯に仮歯が入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556