症例集

カテゴリ: 症例集(オペログ)

EBIインプラントの抜歯早期埋入(type3)

今日は、EBIのWB11mmを下顎7番部位に抜歯窩埋入しました。

抜歯後4か月経過しての抜歯早期(partially bone healing)埋入です。

写真のようにソケットはほとんど新生骨で満たされています。

フィクスチャーを骨縁に埋入しました。上部構造はオクタアバットを装着してスクリュー固定で製作してもらいます。

002web

埋入部位の粘膜を展開したところです。

004web

EBIのワイドボディー11mmをエンジン埋入しています。

008

左下7番の歯根破折にて抜歯となりました。

007

フィクスチャー埋入後のパノラマです。延長ヒーリングキャップはストローマンのものを使用しています。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

スプラインHAの上顎抜歯即時GBR併用埋入

今日のケースは、すでに上顎の両側にサイナスリフトでスプラインHAを3本埋入している患者さんです。

前歯部スプラインHA3.75Φ10mm×3と8mm×1を埋入しました。

1か所は抜歯即時埋入、2か所は頬舌径が足りずに外側のGBRを行いました。

右上2番と左上3番部位にはCGFメンブレンとBio-ossを使用してGBRをしました。

どのフィクスチャーも35Nの初期固定が取れ、粘膜内に完全埋入で手術を終えました。

最終的には、左上5番の天然歯は抜歯となり、上顎7本のフィクスチャーでボーンアンカードブリッジとなります。

001

術前のノーベルガイドのシミュレーションです。

003

術前の埋入予定部位です。

013

右上3番部位はフィクスチャーの1/2が裂開していましたので、Bi0-ossとCGFでGBRをしています。

014

左上4,2番部位のGBRの状況です。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

ストローマンティッシュレベルの抜歯即時埋入

今日のオペは、左下5番部位のC4を抜歯し、ストローマンRN10mmを即時埋入しました。

抜歯窩の近遠心径はインプラントのプラットフォームとほぼ一緒ですが、頬舌径がやや大きいです。

やや、舌側へ低位埋入し、ギャップには何も補填しませんでした。

オペ時間は、抜歯を含めて15分程度です。

インプラントの先端1/3程度で固定が得られていますので、3か月で補綴できると思います。

005

隣接面では骨縁と面一で埋入しました。

007

延長ヒーリングキャップH3mmを装着し、1回法としました。

008

右下6番にも歯根破折がみられます。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

スプラインHAの即時修復

今日のオペは、他院でインプラントの治療を受けられていた方の再治療のケースです。

スプラインHAを右下下7番部位と反対側の4番部位に2本埋入しました。

7番部位は、当医院で即時加重を行っていて、ディスインテグレーションしてしまった後のリカバー埋入ですので、今回は完全埋入でインテグレーションを待ちます。

反対側4番部位は、既存のインプラントがディスインテグレーションしていたのを、除去後に即時で再埋入し、なおかつ即時でプロビジョナルレストレーションを装着しました。

かなり、アドバンスなオペですが、4番部位ということで3.75Φ13mmのフィクスチャーを35N以上のトルクで固定できましたので、咬合力をかけなければ大丈夫と思います。

001

右下7番部位は、当医院での早期のロストケースのリカバリーです。ワイドプラットフォームの8mmを使用して初期固定も取れています。

004

左下4番部位は13mmのフィクスチャーで強固な初期固定をとり、長めのヒーリングアバットメントを使用して即時修復しました。

005

咬合力はかからないようにしてあります。

012

右下4番の傾斜埋入と今回の埋入が当医院でのインプラントです。

他の部位はすべてアバットメントレベルから補綴のやり直しをしている途中です。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

スプラインHAにて上顎ソケットリフト埋入

今日のオペは、上顎右側の5,6番部位にスプライン3.75Φ10mmと5.0Φ8mmを2本、ソケットリフトで埋入しました。

CTの所見によると、ボーンハイト(骨の厚み)が5mmと8mmで、そこそこあるのですがHU値が100程度でスカスカの状態でした。

骨補てん材はβ-TCPのみで上顎洞底をリフティングしていきました。

初期固定は、ほとんどありませんがHAサーフェイスの恩恵で4か月で荷重がかけられると思います。

オステオトームを用いてソケットリフトを行います。

上顎洞内への迷入防止のために、ワイドのヒーリングスクリューを使用します。

術前のパノラマです。6番部位には中隔の骨もありますので、ウィンドウテクニックよりもソケットリフトがやりやすいケースです。

術後のパノラマです。開口量の関係で6番部位のフィクスチャーがやや近心傾斜しています。

005

007

P3

008

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556