症例集

カテゴリ: 症例集(オペログ)

サイナスリフトと同時にスプラインHA埋入

今日は、上顎のサイナスリフトと同時にインプラント埋入を行いました。

左側上顎の6番部位にラテラルからウインドウを形成し、静脈血から生成したCGFと補てん材としてBio-oss を混合して補填しました。

使用したインプラントは、スプラインHA5.0Φ10mmです。

基底骨の厚みが5mm程度ありましたが、上顎洞底面の骨形態が上に凸となっているので、ソケットリフトのしにくいケースです。

万全を期するために、オーソドックスなラテラルウィンドウを開いてサイナスリフトと同時の埋入を行いました。

IMG_7884

術前のクロスセクショナルのCT画像です。

011

ウィンドウを開けて、歯槽頂にインプラント埋入窩を形成しました。

014

bio-oss とCGFの混和物です。

018

左側上顎6番部位のインプラント埋入後のパノラマです。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

下顎遊離端欠損のサイブロンインプラント埋入

今日の午後のオペは、やはりサイブロンプロEXの下顎の4~7番部位の成熟側埋入でした。

4歯分の欠損で、対合歯に天然歯がそろっている場合、2本埋入ではやや心配なので3本を近心側2本と遠心側1本で設置するようにしています。

遠心側のインプラントはなるべく幅径が大きく長いものを選択します。

このケースでは、45番部位に4.1Φの11mm、7番部位の4.8Φの11mmを使用しました。

もし、後方の骨の条件が悪ければ、逆に4番部位に長いインプラントを使用し、67部位に2本設置することもあります。

埋入深度は、ティッシュレベルの深度としています。

初期固定もしっかり取れていますので、8週でアバットメントを装着し仮歯を入れる予定です。

DSC_7248

通常埋入で、特記することはありません。

P2

術後のレントゲンです。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

サイブロンプロEXの抜歯即時埋入

今日の午前中のオペは、サイブロンインプラントの抜歯即時埋入と成熟側埋入です。

右下4番をP3で抜歯し、同時にサイブロンプロEXのRN11mmを、7番部位の成熟側にWB11mmを埋入しました。

抜歯窩の辺縁骨が不規則な形態ですので、治癒後の歯肉辺縁の高さを想定して埋入深度を決定しなくてはなりません。

このケースは、根尖部でち密な固い骨にぶつかって、ドリルオーバーヒートの危険があったのでやや浅めに深度を設定しました。

サイブロンプロEXは、骨縁埋入型に設計されていますが、ティッシュレベルで埋入深度を設定することもできます。

その場合は、プラットフォームマージンのソリッドアバットメントを使用します。

やはり、複数のシステムを使いこなすことができると、いろんな応用ができてインプラント治療がシンプルになりますね。

DSC_7242

4番部位は、抜歯即時ですが、当然フラップを展開していきます。

DSC_7244

ティッシュレベルの深度で埋入された、サイブロンインプラントです。

P3

埋入後のパノラマです。ちょっと左側がのびて歪んでしまっていますが、ほぼまっすぐ定位置に入っています。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

ストローマンワイドネックフラップレス埋入

今日は、ストローマンティッシュレベルの上顎6番部位のフラップレス埋入を行いました。

歯周病が進行したために、6か月前に抜歯を行っていました。

抜歯窩はほとんど治癒した状態で、付着歯肉の量も十分でしたので、パンチアウトで歯肉組織を除去しフラップレスの埋入を行いました。

基底骨の厚みがほぼ10mm前後でしたので、慎重にコッシのバーにてドリリングし、最終的にはソケットリフトを行わずにWN10mmのフィクスチャーが埋入できました。

切開や縫合の必要もないため、オペ時間は10分余りで終了しました。

腫れや痛みもほとんど出ないと思いますので、患者さんはびっくりされると思います。

002

埋入部位をパンチアウトしています。

005

埋入後の側面観です。埋入深度が大切ですが、あと0.5mmくらい深くても良いと思います。

007

術後のパノラマです。

右下6番部位のインプラントは9年前に当医院にてやはりストローマンティッシュレベルを入れていますが、理想的な状態でメインテナンスされています。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

スプラインHAの抜歯窩埋入

今年最初のオペは、下顎の7番抜歯部位のGBR併用埋入でした。

重度歯周病にて右下7番が抜歯となりましたが、頬側の骨がほとんど欠損していたため、抜歯窩にも骨の再生が滞っていました。

初期固定もほとんど取れないことが予想されたので、チタンサーフェイスではなくバイオインテグレーションの期待できるHAコーティングのインプラントを使用しました。

抜歯窩の窩底の骨3mm程度で、かろうじて固定を得て、スプラインHA5.0Φ10mmをnu-ossとバイオメンドエクステンドも用いて、GBR同時埋入しました。

かなり、条件が厳しいので、4~5か月程度待時したほうが良いかもしれません。

002

術前のインプラント埋入部位ですが、骨の欠損がはなはだしいです。

006

大きく陥没し、頬側の骨壁がありません。

009

スプラインHA埋入と同時にゼノグラフトとコラージェンメンブレンでGBRしています。

012

埋入後は、形態がボリュームアップしているのがわかります。

特に、減張切開はせずに被覆できました。

014

右下7番部位のインプラント埋入後のパノラマです。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556