症例集

カテゴリ: 症例集(オペログ)

上顎6番部位へのSLActiveをソケットリフトで埋入

    患者様は、23歳の男性です。今から50年以上もこのインプラントを使っていっていただかないとならないので、責任重大です。

まずは、耐久性が信頼できるものといえば、やはりスイス製のストローマンインプラントをおいて右にでるブランドはないと思います。

このインプラントはすでに発売から40年以上たっていますし、さらに改良を加え続けていますので50年に耐えられる可能性が高いです。

手術はβ-TCPを補てん材として、ソケットリフトでストーローマンボーンレベルインプラントの最新の表面性状を持つSLActiveを用いました。

SLActiveは、従来のSLA構造は同じですが、生理食塩水に保存して出荷されるために、チタンのエイジングによる劣化を防ぎ、早期に骨との結合が完了するために、歯が入るまでの期間が2週間ほど短縮が可能となっています。

小柳術前CT

 

 

 

 

 

 

術前の埋入のプランニングですが、上顎洞へ2~3mmのリフトが必要です。

DSC_3790

 

 

 

 

 

 

DSC_3792

 

 

 

 

 

 

β-TCPを補てん材として、オステオトームによるソケットリフトを行っています。

 

DSC_3795

 

 

 

 

 

 

ストローマンインプラントの最新の表面性状であるSLActiveです。

 

小柳_論20141004_13361

 

 

 

 

術後のレントゲンですが、問題なくシュナイダー膜が挙上されているのがわかります。

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

上顎側切歯部位へストローマンボーンレベルNC12mmを自家骨GBRで埋入

上顎の側切歯が歯根の破折で抜歯となり、両側の天然歯がほぼ健全でしたのでインプラントでの補綴を希望された60代の男性です。

術前の画像からわかるように頬側の骨が不足していました。

ストローマンインプラントのボーンレベル12mmを埋入し、頬側に3番の骨隆起から自家骨を採取してグラフトしました。

特に何という手術ではありませんが、ポジショニング、初期固定、低侵襲、短時間オペがキーワードです。

DSC_3772DSC_3775

 

 

 

 

 

 

DSC_3778

 

 

 

 

 

 

頬側の根尖部の歯槽骨が陥凹しています。

 

DSC_3781

 

 

 

 

 

 

 

外側のやや白く見えるとことは、移植した自家骨です。

DSC_3783

 

 

 

 

 

 

オペ後は、歯槽のボリュームが増大していますね。

佐野_柔20141003_13333

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隣在歯は、歯周病の既往がありますので、しっかりブラッシング頑張ってもらいます。

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

ストローマンインプラントの第一大臼歯部位へ埋入

右下の6番部位に、ストローマンボーンレベル4.8Φ10mmを1本埋入しました。

付着歯肉も充分に存在していて、特に問題なくインプラントが適応となるケースです。

ただ、骨の高さが舌側遠心へかけて傾斜していることがCTにて確認できています。

オペ時間は、約15分で終了し、術後の腫れや痛みも全くありませんでした。

DSC_3255

 

 

 

 

 

 

術前の所見です。

DSC_3260

 

 

 

 

 

 

ストローマンボーンレベルのワイド径10mmの埋入ですが、近心の骨が高く遠心側のフィクスチャーが少しだけ露しているのがわかります。

 

DSC_3262

 

 

 

 

 

 

近心の骨を削除して遠心へ移植します。

渕_農20140911_13010

 

 

 

 

 

ほぼ理想的な位置に埋入できています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

右下第一大臼歯部へストローマンボーンレベルRC4.8Φ×10mm埋入

   右下の6番部位にストローマンボーンレベルインプラントを埋入しました。

ボーンレベルインプラントが発売される前は、ティッシュレベルインプラントのワイドネックを使用して、SynOctaで印象を取りオクタアバット1.5にスクリュー固定のセラミック冠を作成するのが普通でした。

これは、これで問題はなかったのですが、ボーンレベルが出てからはほとんどボーンレベルインプラントの4.8mm を使用することが多くなっています。

なぜかというと、いくつかの利点があるからです。

1、ヒーリングアバットを装着した場合の、歯肉のトリミング量が少なくて済む。→角化歯肉がより多く保存できる。

2、骨縁からアバットメントの形態をCAD/CAMによってカスタマイズすることで、隣在歯との固形空隙を調整できる。

3、高い初期固定が得られやすいため、補綴までの期間が若干短縮できる。

今回のケースのような、骨も歯肉も充分な量があり、骨や歯茎の移植が必要ない場合は15分くらいでオペは終了しますし、オペの後の痛みや腫れもほとんどありません。

術者と患者様ともにほとんどストレスなく手術できますが、術者が気を付けることは、埋入位置を0.5mm 単位で正確に埋入することと短時間で終了させることです。

 

DSC_3258

 

 

 

 

 

 

抜歯窩が少し残っていますが充分は幅の歯槽骨があります。

DSC_3260

 

 

 

 

 

 

埋入直後ですが右と左(近心と遠心)の骨の高さがすこし違いますので、手前の骨を少し削って後ろのほうへ移植します。

DSC_3262

 

 

 

 

 

 

埋入が終了しました。

渕_農20140911_13010

 

 

 

 

 

手術後のレントゲンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

抜歯窩へのスプラインHAインプラント埋入

   右下の7番が歯根破折で放置されたために、抜歯後も埋入部位の歯槽骨の陥凹が見られます。

適正な位置にスプラインHAインプラントの5mmΦ×10mmを埋入すると同時に、近心歯槽頂から余分な骨を採取して周囲の欠損部へボーンチップとして填入しました。初期固定も大丈夫でしたし完全閉鎖することもできたので、3か月ほどで2時オペをして、4か月で補綴物の装着が可能と思います。

この患者様も、当医院でのインプラントは3回目のリピーターですので、安心して手術を任せていただきました。

taninaka CT

 

 

 

 

 

 

右下の第2大臼歯が、歯根の破折のために、周囲の骨が溶けています。

DSC_2945

 

 

 

 

 

 

周囲の余分な骨を集めて使用します。

DSC_2948

 

 

 

 

 

 

右下第2大臼歯の周辺の足りないところへ、ご自分の骨を補います。

谷中_雲20140819_12733

 

 

 

 

手術後のレントゲンですが、ほぼ理想的な位置に埋入ができています。

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556