症例集

カテゴリ: 症例集(オペログ)

左下にストローマンのボーンレベルRC4.8mm埋入しました。

今日のインプラントのオペは、左下の7番部位にストローマン社のボーンレベルインプラントを1本埋入しました。

この方は、10年前に上顎中切歯にストローマンのティッシュレベルインプラントを入れていて、3年前に右上の5番部位にやはりストローマンのボーンレベルを入れていますので、今回は3回目のインプラントオペでした。

補綴物をインプラント周囲炎から予防して力学的な観点からも、長持ちさせるためには、インプラントの埋め込みのポジションがとても大事です。

手術は、時に問題なく20分ほどで終了しましたが、術後はCTのプランニング通りのポジションに入っていると思われます。

DSC_7747

 

 

 

 

 

 

2.2mmのパイロットドリルの形成後にポジションと方向を確認します。

この段階が一番大切になります。

 

DSC_7751

 

 

 

 

 

 

4.1mmのドリリングを終了して、インプラント体が埋入されたところです。

 

DSC_7755

 

 

 

 

 

 

術後の状態です。

ヒーリングキャップが入って、1回法でのオペが完了したところです。

 

中渡CTplanning

 

 

 

 

 

 

術前のプランニングです。

 

中渡_柔20150225_15606

 

 

 

 

左下にボーンレベルRC4.8mmΦ×8mmのインプラントが入りました。

右下の7番部位も3週間後くらいに同じように埋入予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

下顎6番部位へ2回法にてストローマンインプラント埋入

今日のオペは、左下6番部位へストローマン社のボーンレベルインプラントの4.8mmΦ×10mmを埋入しました。

抜歯から3か月経過してのオペでしたが、抜歯窩の治癒が不十分で初期固定が得られませんでしたので、粘膜下へ完全埋入縫合しました。

万全を期して、3か月後に2次オペを行う旨を患者様に伝えました。

骨のできるスピードも個人差がありますので、この方の今までの治療経験から判断してややゆっくり目の治療計画です。

 

DSC_7649

 

 

 

 

 

 

 

インプラントサイトの抜歯窩の状況です。

 

DSC_7654

 

 

 

 

 

 

ストローマン社の最新製インプラントSLActiveです。

 

DSC_7655

 

 

 

 

 

 

超親水性の表面性状のために、血液が一気に上がってきます。

 

DSC_7657

 

 

 

 

 

 

骨縁埋入の状態です。

 

DSC_7659

 

 

 

 

 

 

ペ後の状態ですが、たぶんほとんど痛みも腫れもないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

上顎第2大臼歯にソケットリフトでティッシュレベルSLActive埋入しました。

    今日のオペは、上顎の第2大臼歯部の欠損に対して、ソケットリフトを行ってストローマン社のティッシュレベルのワイドネックインプラントを埋入しました。

もちろんサーフェイスはSLActiveです。

抜歯から3か月たっていましたが、抜歯窩はまだ成熟しておらずソフトな骨でした。骨の厚みが約8mmでしたので今までのSLAサーフェイスだと、たぶん3か月待時してから補綴作業へ移行する感じです。

今から4週後、6週後、8週後でオステルでインプラントスタビリティー(インプラントと骨との結合の程度)を調べて行きながら補綴へのタイミングを計っていきます。

6週以内で安定すれば、すごい性能の向上だと思います。

 

 

DSC_7597

 

 

 

 

 

 

サマーズテクニックで埋入窩を作っていきます。最終径は4.0mmΦです.

 

DSC_7598

 

 

 

 

 

 

使用した補填材はβTCPです。

 

DSC_7599

 

 

 

 

 

 

ストーローマン社製のインプラントでSLActiveです。

 

 

丸林

術前のCTプランニングですが、ソケットリフトの適応症でした。

 

丸林_誉20150218_15493

 

 

 

 

オペ後のレントゲンですが、良いポジションに入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

下顎の2か所に1回法と2回法で同時埋入しました。

      今日の午後は、下顎のシングルスタンドインプラントを同時に2部位に埋入しました。

使用したインプラントは、やはりストローマンのSLActiveです。

スイス製で価格が高いですが、信頼性には換えられません。

手前の部位は、頬側に骨欠損があったために、インプラントベッドを形成したら裂開ができたので、Bio-ossとBio-guideでGBRを行いましたが、術前のCTにより確認できていたので、想定内のオペでした。

7番部位は、1回法でヒーリングアバットを歯肉縁上にだして、5番部位は完全埋入2回法のオペです。

ちょっと手慣れた術者の仕事というのが感じられるかもしれませんね。

 

azuma

 

 

 

 

 

 

術前のシミュレーションソフト上のインプラント埋め込みポジションです。

 

DSC_7525

 

 

 

 

 

 

周りの歯の根っこと同じ方向へ、埋め込むのが大事です。

 

DSC_7526

 

 

 

 

 

 

やはり、ストローマンSLActiveを使用しました。表面が劣化しないように生理食塩水のアンプルに入っています。

 

DSC_7529

 

 

 

 

 

 

頬側にこの程度の、裂開が生じました。

 

DSC_7530

 

 

 

 

 

 

バイオスとバイオガイドの黄金コンビです。

DSC_7534

 

 

 

 

 

 

 

術後の状態ですが、綺麗です。

 

東_祇20150217_15480

 

 

 

 

 

埋め込みのポジションも理想的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

ストローマンボーンレベル4.8mmΦ×10mm埋入

   今日の午前中のオペは、右下6番部位にワイド径のボーンレベル10mmをシングルスタンドで埋入しました。

抜歯から8週間での埋入は、抜歯早期埋入といって当医院では最も多く用いる手法です。

もし、骨の欠損があったとしても、歯茎が完全に治癒しているので人工骨を補てんしたり、結合組織を移植したりリカバリーが容易です。

しかも、ワイド径のSLActiveを使用して、35Nの埋入トルクも出ているので、ほぼ4週間で補綴へ移行できます。

つまり、抜歯から3.5か月後には、治療が終わってしまいます。

DSC_7498

 

 

 

 

 

 

2.8mmツイストドリルで方向と深度の確認作業を行っています。

 

DSC_7501

 

 

 

 

 

 

使用するインプラントは、世界ナンバーワンシェアのスイス製ストローマンインプラントの新製品SLActiveです!

 

DSC_7503

 

 

 

 

 

 

超親水性の表面性状のため、血液が勝手に上がってきます。

 

山田_祇20150217_15473

 

 

 

 

術後のレントゲンです。オペ時間はゆっくり行って17分ちょうどでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556