症例集

カテゴリ: 症例集(オペログ)

スプラインHA抜歯即時&CGFと自家骨でGBR

今日の症例は、左下3,4,6番部位に3本のスプラインHAを埋入しました。

3番は歯周疾患で抜歯、4番は残根状態で抜歯し、治療回数と期間の短縮のために即時埋入を行いました。

3番部位の舌側の骨板が吸収されていて、他の部位の歯槽堤の幅も制限がありました。

不要な部分の骨と歯槽頂の薄い骨を削除し、3番部位へGBRを行いました。

歯槽堤の幅が薄く、舌側、頬側へ穿孔しないように、最大の注意を払う必要がありましたが、ど真ん中へしっかり埋入ができました。

4番部位のインプラントは遠心側の歯槽堤の厚みがうすかったので、やや3番よりへ埋入しましたが問題はないかと思います。

初期固定も十分でしたので、2か月後にアバット立ち上げでプロビジョナル装着します。

あと1か所右側の5番部位にもインプラント予定ですが、下顎の歯列矯正により埋入スペースを確保してからの埋入となります。

009

抜歯後にフラップを展開したところです。フラップレスですると失敗のリスクが高まるケースですね。

017

埋入後に骨欠損部へ自家骨を填入します。

019

CGFメンブレンにて被覆、縫合します。

024

術後のパノラマです。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

スプライン成熟側埋入

今日の症例は、下顎の成熟側に2本のスプラインHAを埋入しました。

この患者様は、私が12年前に全体治療をしていた方ですが、当時右下の狭小な歯槽堤に対して審美的なインプラントは難しく、やむなく右下2,3番と8番で6ユニットのロングスパンブリッジを装着しました。

右下3番の歯髄壊疽と8番のメタルコアのセメント溶解で再治療となったため、今回はインプラントの補綴を計画しました。

術前のCTでType4の骨質であることが分かったため、HAサーフェイスのインプラントを選択しました。

4番部位の頬側に少し裂開がしょうじましたので、歯槽頂から採取した自家骨を補てんしました。

更に歯槽頂の吸収を見越して、やや深めの埋入を行いました。

002

4番部位のスプラインHAは3.75Φ10mmを深めに埋入しボーンカウンタリングを行いました。

005

術後のパノラマです。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

サイブロン成熟側通常埋入

今日の症例は、下顎56番部位の成熟側埋入で特に問題のないケースです。

サイブロンプロEXのRN11mmを2本埋入しました。

ストローマンティッシュレベルインプラントと同じ形をしていますが、ラフサーフェイスがプラットフォームまで来ていますので、チューリップ上に埋入窩を開く必要があり、専用のプロファーラードリルがあります。

初期固定は35N以上取れていますが、即時加重はせずに待時加重を行います。

004

ボーンプロファーラードリルで入口のフレアーを形成します。

011

埋入深度は近遠心で骨縁下1mm、頬舌側で骨縁です。歯肉の厚みと使用するアバットメントのことまで考えて埋入深度を決定します。

014

埋入後のパノラマです。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

アストラ前歯部抜歯早期埋入

今日の症例は、上顎中切歯の抜歯早期埋入です。

フィクスチャーはアストラ4.0Φ11mmを骨縁下1mmに設定しました。

リミテッドフラップデザインにて切開し、隣接歯のアタッチメントレベルが維持されるような配慮をしました。

ただし、歯周疾患により上顎前歯のフレアーアウトがあるため、歯列矯正も行いましたが、歯根間距離が大きく最終的に歯間鼓形空隙が閉鎖できないかもしれません。

初期固定は35N取れていますので、3か月後にプロファイルアバットメントを使用してセメントリテインのメタルセラミックを装着予定です。

003

フィクスチャーのプラットフォームが骨縁に隠れているのがわかると思います。

プラットフォームシフトのアバットメントを使用できるので、この埋入深度が可能となります。

005

ヒーリングアバットを装着して、1回法のインプラント埋入です。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

スプラインHAの上顎埋入とインプラント周囲炎の治療

今日の症例は大変でした!

前医で受けた上顎のインプラントが両側とも重度のインプラト周囲炎になっていました。

患者さんは、どうしてもインプラントで固定式の歯にしてほしいと言われます。

しかも、治療費に制限がありますので、ガイドサージェリーや即時加重ができません。

5~5番部位に4本のスプラインHAを埋入して、インプラント支持の補綴物を入れます。

インプラントの埋入だけなら30分くらいで済むものを、両側のインプラント周囲炎の治療で倍以上の時間がかかりました。

007

右上のインプラント周囲炎の状況です。

012

右上6番部位のインプラント周囲炎は囲繞性の骨欠損でしたので、周囲の骨壁をマイセルで削除し、清潔にしたインプラントの骨欠損部位に填入、骨縁上に出ているフィクスチャーを切除、粘膜下に埋包しました。

024

左上の56番部位のインプラントはストローマンでしたが、これもひどいインプラント周囲炎です。

周囲骨を切除し、骨縁をフラットニングしました。

026

術後のパノラマです。

上顎後方の4本は右上がPOIで左上がストローマンです。

それぞれ別の歯科医師が別の時期に行ったのものですが、やや理解に苦しみます。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556