症例集

カテゴリ: 症例集(オペログ)

ストローマンTEで即時荷重

先週のオペでしたが、成熟側の下顎臼歯部67部位にワイドネックのTEを2本埋入しました。
TEは抜歯即時用に開発されたインプラントですが、スレッド’(ねじ山)がプラットフォームの1.8mmのところまでしっかり切ってありますので、初期固定が取れやすいため、即時荷重を行うのに適しています。
この患者さんは、仮歯を入れておきたいとの希望がありますが、取り外し式のものでは、かえってインプラントのロス(失敗)につながりやすいため、1週間後に固定の仮歯を入れることにしています。
森崎オペ直後

問題は、コストが跳ね上がることですが、失敗するリスクを考えると大したことではないと思わなくてはなりませんね。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

EBI骨縁下埋入

最近、親戚の不幸や父親の入院などで忙しく、しばらく更新していませんでした。
オペ後に私の患者さんがいなければ、なるべく直後に書き込むようにします。
今日の方は、大牟田から来られていますが、全体の治療のやり直しでかみ合わせ位置の改善も含めてインプラントを両側の下奥歯に行います。
右下に1本、根っこのひび割れがあり、それを抜歯してその前後に1本ずつ埋入しました。
両方とも成熟側の通常埋入ですが、EBIインプラントを骨縁より、やや深めに埋入しました。
理由は、歯肉の厚みが薄く、プラットフォームを骨縁に合わせるとカラーの0.2mm とプラットフォームスイッチの1mmを確保するのが難しいと判断したためです。
初期固定も35Nとれて問題ないケースです。

末吉埋入

プラットフオームが見えない程度に深めに埋入しています。
末吉パントモ

7番部位は4.8mm、5番部位は4.1mm径でプラットフォームは両方とも4.8mmです。
骨幅が十分にあるケースは、これが安心です!

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

サイトディレート&グラフト

上顎側切歯部位にインプラント埋入しましたが、骨幅が3~4mmでした。フィスチャーは3.75のHAコートです。
既存骨を極力保存するためスプリットコントロールで骨を押し広げながら、埋入しましたが、唇側の骨は骨折して遊離しましたので、結果的に自家骨のGBRのような形になります。
このような場合、経年的に頬側骨板が吸収して歯肉縁が下がることが示唆されていますので、バイオガイドのダブルレイヤーにてゼノグラフトの移植を同時に行いました。
多少、腫れが出るかも知れませんが、後でインプラントが露出するよりはるかにいいです。

亀田埋入前亀田埋入後亀田バイオス

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

ストローマンGBR

下顎6番部位で、歯周病が進行していたのですが、再生療法EMDなど行いながら7年ほど保存療法を続けてきたのですが、いよいよP4で限界ということで抜歯となったものですから、さすがに骨欠損が大きくて、GBRは必須の状態でした。
抜歯後3か月待時してからのインプラント埋入でしたので、ITIのプロトコルではEarly placement with partially bone healingでType3です。部分的に抜歯窩の骨が治癒した状態の早期埋入です。
ですから、フラップをはく離すると抜歯窩を埋める軟組織がこぶのように内側に形成されており、正常な骨膜が形成されてはいません。
この部分を、切除して骨補填剤とコラーゲン膜をカバーしますから、軟組織の治癒が良くないと思います。
使用したのは、ストローマンWNSPの10mmです。ヒーリングキャップを使わずに封鎖スクリューで完全埋入しました。
初期固定は、15Nほどはありましたので、4か月くらいで2次オペを行う予定です。
清水GBR

分岐部病変が進行し、10年後に抜歯となりました。

清水GBR2

プラットフォームを骨縁に合わせて埋入しました。舌側の骨壁が保たれているのがとても幸いです(*^^)v

清水GBR3

へこんだ骨欠損は、減張切開しなくても逆の形に盛り上げられるから、楽ですね。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

サイナスリフトとマイクロ

先週は、アメリカからかえって毎日インプラントのオペをしました。
その中のひとつですが、上顎6番部位に骨が全くなくソケットリフトも行えませんでしたので、ラテラルウインドウを開けてのサイナスリフトを行いました。
頬側壁は厚み2mm程度で、シュナイダー膜は十分弾力があり良い状態でしたが、近遠心にほとんど歯根の形態の壁があるため、インスツルメントの操作には気を使いました。
ゼノグラフトで4か月待時し、ストローマンインプラントを埋入予定です。
最近、インプラントのオペのときにマイクロを使うことが多くなっています。
それだけ、精密なオペが要求されているということでしょうか。

藤川サイナス

マイクロで撮った動画の静止画像ですので、解像度がいまいちですが、実際にはもっと鮮明に見えています。

藤川サイナスp1

術前のパノラマ画像です。ほとんど歯槽頂の骨の厚みがありません。

藤川サイナスp2

Biossを使用しています。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556