症例集

カテゴリ: 症例集(オペログ)

上顎7番部位へのスプラインHAソケットリフト埋入

今日のオペは、上顎7番部位のシングルインプラントですが、上顎洞までの骨の厚みが3mmでなおかつ傾斜してるケースでした。

皮質骨だけドリルで穿孔して、オステオトームでソケットリフトを行い、スプラインHA5.0Φ8mmを埋入しました。

補てん材には、オスフェリオンとCGFを用い十分な挙上を行っています。

固定も一応取れていて、粘膜下への完全埋入ですので、問題ないと思います。

005

上顎埋入部位の状態です。6番はヘミゼクションを行っています。

009

オスフェリオンとCGFです。

011

洞内への迷入防止のために、ワイド径のヒーリングキャップを取り付けています。

P2

術後のパノラマです。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

スプラインHAの前歯部BGRケースの審美補綴

今日は、補綴のケースを提示します。

25歳の女性の患者様で、天神のホワイトエッセンスでホワイトニングをされてからこちらへ紹介されてこられました。

口蓋裂のために、中、側切歯が欠損し当然ながら歯槽骨もほとんどない状態でしたが、GBR併用のインプラント埋入をしたケースです。

オペの様子は、昨年症例集にアップしていますので、ご覧ください。

http://www.artsmile-implant.com/blog/?p=601

スペース的に2本埋入は難しいこと、既存骨がほとんどないこと、さらに審美性の観点から側切歯は中切歯からのカンチレバーポンティックとしました。

カスタムアバットメントを装着し、メタルセラミックスでセメント合着します。

006

カスタムアバットメントが装着された状態です。

002

歯頚線がやや高いですが、セラミックスのマージンは歯肉縁下1mmに設定されています。

リップラインが低いので歯頚部がほとんど見えないことと、将来的に、歯肉が下がってきた場合でも、修正の余地があるのでとりあえずこのままです。

006

唇側のボリュームも十分にあります。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

ストローマンティッシュレベルインプラントのソケットリフトケース

今日のオペは、上顎の5番部位のソケットリフトケースでした。

既存骨の厚みが6mmでしたので、ストローマンティッシュレベルインプラントのWN10mmをサマーズテクニックで埋入しました。

シュナーダー膜を損傷しないように、コッシのバーでドリリングし、オスフェリオンを補てん材としてオステオトームにて膜を挙上しました。

ストローマンWNの場合、、皮質骨の部分にコロナルフレアーで固定が取れやすいので、ソケットリフトの場合は特に使いやすいと思います。

5番部位でしたが対合歯との関係で、大臼歯形態でスクリューリテンションのメタルセラミックスで補綴予定です。

002

リフティングバーで粘膜を破らないようにドリリングします。

003

オステオトームテクニックで骨補てん材にオスフェリオンを使用しています。

004

ストローマンティッシュレベルインプラントの埋入中です。

006

術後のレントゲンですが、きれいに補てん材が入っています。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

ストローマンティッシュレベルの2回法埋入

2か月前に抜歯した上顎5番部位の抜歯早期埋入のケースです。

抜歯時に歯根嚢胞があり、頬側の骨に開窓があったようで肉芽の侵入により、抜歯窩に新生骨ができていませんでした。

頬側の裂開は6mm径でしたが、初期固定が取れていたのでバイオメンドエクステンドを使用して、インプラント埋入と同時のGBRをおこないました。

使用したフィクスチャーはストローマンRNの10mmです。

通常は1回法で使用することが多いのですが、このような場合はやや深めに埋入して完全閉鎖します。

3~4日月後に2次オペを来ない、オクタアバット装着してスクリューリテインの上部構造を装着予定です。

004

頬側に開窓がみられます。

007

やや深めのポジションに埋入しました。初期固定は取れています。

008

開窓部にコラージェンメンブレンを設置し、GBRを同時に行います。

010

減張切開せずに完全埋入しました。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

βーTCPとCGFの補てん材でカルシテックをソケットリフト埋入

今日のオペは、上顎7番部位の抜歯早期のソケットリフト併用埋入でした。

使用したインプラントはスプラインHA5.0Φ10mmです。

抜歯後2か月経過していますが、まだ抜歯窩は骨化しておらず、基底骨もCTのクロスセクショナル画像で2mm程度でした。

使用した補てん材は、βーTCPと患者様の静脈血から生成したCGFを使用しました。

初期固定もそこそこ取れていますので、抜歯窩が新生骨で満たされる3か月後には、2次オペを行い、その1か月後には補綴終了となる予定です。

011

白い顆粒がβーTCPで黄色い袋状のものがCGFです。

014

カルシテックインプラントを上顎7番部位に埋入後の状態です。

006

術前のレントゲンです。抜歯窩にはまだ影が残っています。

007

インプラント埋入後のレントゲンです。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

日付:  カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556