インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

不安や疑問をお持ちの方のために

現在の状態から手術が完了するための流れをご紹介いたします。インプラントの治療方法はいくつもありますが、ここでは一般的な、手術を2回行う方法での流れを説明いたします。

1.検査・治療計画の立案

インプラントの費用は、他の歯科治療に比べ、かなり高額です。保険が適用されないということも大きな理由ではありますが、様々な検査を行うということも費用が高くなってしまう大きな原因の一つです。
しかし、コストダウンのためにこれらの検査を省くことはできません。これらの検査は安全にインプラントを行うために必要不可欠なものなのです。

お口の中の検査

治療計画を策定するための検査をさせていただきます。初回カウンセリング時に無料にて実施しております。

  • 虫歯、歯周病の有無
  • 口腔内写真の撮影
  • インプラントを埋め込む部分の骨の状態
  • かみ合わせの状態
治療計画の策定

検査結果に基づき、あなたのお口の中に一番適した治療計画をご提案します。

  • 何本のインプラントを使用するのか
  • インプラントを行うのが難しい場合の対処法
  • 治療の期間、費用
  • インプラントの方法

治療計画が確定しましたら、『治療契約書』を作成し、治療に入ります。

2.予備治療

インプラントができる状態にするための治療を行います。

インプラントを入れる予定の歯を抜歯します。

また、重度の歯周病になっている歯がお口の中にある場合  ・・・ 歯肉の改善を行います。
   インプラントを入れるのに顎の骨が足りない場合   ・・・ 各種再生治療を行います。

3.CTスキャン(必要に応じて)

十分に骨の厚みがある場合は良いのですが、判断が難しい場合もあります。そのような場合には、CTスキャン診断を受けていただきます。
院内に設備しているドイツシロナ社製オーソフォス3Dにて埋入シュミレーションを行います。
肉体的、精神的に負担をかけるものではございませんのでご安心下さい。
CTスキャン診断によって、インプラントを入れるのが難しいケースでも、インプラントをどれだけ傾ければ良いのかといった判断ができるのです。

4. 1次手術(インプラント挿入)

手術自体は1本なら30分、10本程度を入れる場合は2~2.5時間です。だいたい半日で完了します。

整形

麻酔をし、埋める場所の歯肉を開き、骨を必要に応じて整形します。

整形

何度も方向を確認しながら、ガイドドリルで事前に決めた深さまで掘ります。

広げる

ガイドドリルのサイズを大きくしていき、決められた太さに広げます。

挿入

完全に滅菌されたインプラントを専用の器具で掘った穴に入れます。

完了

ふたをし、開いた歯肉を閉じます。ここまでインプラントの埋め込みは終了です

完了

前歯など外から見える所は仮歯を入れ、この状態で3ヶ月から4ヶ月程度の期間をおいて骨に完全に落ち着くのを待ちます。

治療計画が確定しましたら、『治療契約書』を作成し、治療に入ります。

5. 2次手術

整形

2次手術ではインプラントのふたをはずして、人工歯を取り付けるための部品を連結し、歯ぐきから露出させます。
2次手術後、歯ぐきの形が整うまで2週間~4週間リハビリ期間を設けます。

6.歯の作製と装着

作成と装着

2次手術ではインプラントのふたをはずして、人工歯を取り付けるための部品を連結し、歯ぐきから露出させます。
2次手術後、歯ぐきの形が整うまで2週間~4週間リハビリ期間を設けます。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら