CGFとスプラインにて上

CGFとスプラインにて上顎ソケットリフト埋入

今日のオペは、上顎の56欠損部位にCGFを骨補てん材としてスプラインHA3.75Φ10mmと5.0Φ10mmを埋入しました。 シュナイダー膜の挙上必要量が5mm以上の場合は、Bio-ossかβTCPを併用しますが、今回は2~3mmでしたので、患者さんの静脈血か生成したCGFのみで、ソケットリフトを行いました。 初期固定も取れていますので、3か月後にアバットメント装着して仮歯を入れる予定です。 006 CGFをソケットに填入しながらオステオトームでサイナスリフトを行っています。 009 5,6番部位にスプラインHAを埋入後です。 IMG_7910 6番部位の不透過像はCGFによるものです。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

症例集(オペログ)の最新記事

日付:   カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556