CGFとスプラインにて上顎ソケットリフト埋入

オペログ インプラント症例集

2011/03/04 CGFとスプラインにて上顎ソケットリフト埋入


今日のオペは、上顎の56欠損部位にCGFを骨補てん材としてスプラインHA3.75Φ10mmと5.0Φ10mmを埋入しました。 シュナイダー膜の挙上必要量が5mm以上の場合は、Bio-ossかβTCPを併用しますが、今回は2~3mmでしたので、患者さんの静脈血か生成したCGFのみで、ソケットリフトを行いました。 初期固定も取れていますので、3か月後にアバットメント装着して仮歯を入れる予定です。 006 CGFをソケットに填入しながらオステオトームでサイナスリフトを行っています。 009 5,6番部位にスプラインHAを埋入後です。 IMG_7910 6番部位の不透過像はCGFによるものです。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら