ウインドウテクニックのサ

ウインドウテクニックのサイナスリフトとスプラインHAの埋入

先週のオペですが、右上567番部位にウィンドウテクニックでサイナスリフトを行い、スプラインHAの3.75Φ10mmと5.0Φ8mmを埋入しました。 通常は46番部位に埋入するのですが、4番部位には外側にも骨欠損があり、サイナスもかかっていたため、56番部位に埋入して、近心へのカンチレバーポンティックとすることにしました。 ウインドウは、シュナイダー膜を穿孔しないように、ピエゾサージェリーを用いて開窓し、静脈血から生成したCGFとBio-ossを補てん材として使用しました。 IMG_7906 術前のCT画像ですが、4番部位に大きな骨欠損があります。 IMG_7907 おなじ部位のクロスセクショナル画像です。歯槽頂の骨は2mm程度の厚みしかありません。 001 フラップを開いたところです。 003 ピエゾサージェリーを用いてウィンドウを開窓しました。 007 インプラントの埋入窩を形成後に補てん材を填塞したところです。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

症例集(オペログ)の最新記事

日付:   カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556