ウインドウテクニックのサイナスリフトとスプラインHAの埋入

オペログ インプラント症例集

2011/03/02 ウインドウテクニックのサイナスリフトとスプラインHAの埋入


先週のオペですが、右上567番部位にウィンドウテクニックでサイナスリフトを行い、スプラインHAの3.75Φ10mmと5.0Φ8mmを埋入しました。 通常は46番部位に埋入するのですが、4番部位には外側にも骨欠損があり、サイナスもかかっていたため、56番部位に埋入して、近心へのカンチレバーポンティックとすることにしました。 ウインドウは、シュナイダー膜を穿孔しないように、ピエゾサージェリーを用いて開窓し、静脈血から生成したCGFとBio-ossを補てん材として使用しました。 IMG_7906 術前のCT画像ですが、4番部位に大きな骨欠損があります。 IMG_7907 おなじ部位のクロスセクショナル画像です。歯槽頂の骨は2mm程度の厚みしかありません。 001 フラップを開いたところです。 003 ピエゾサージェリーを用いてウィンドウを開窓しました。 007 インプラントの埋入窩を形成後に補てん材を填塞したところです。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら