βーTCPとCGFの補てん材でカルシテックをソケットリフト埋入

オペログ インプラント症例集

2011/01/27 βーTCPとCGFの補てん材でカルシテックをソケットリフト埋入


今日のオペは、上顎7番部位の抜歯早期のソケットリフト併用埋入でした。 使用したインプラントはスプラインHA5.0Φ10mmです。 抜歯後2か月経過していますが、まだ抜歯窩は骨化しておらず、基底骨もCTのクロスセクショナル画像で2mm程度でした。 使用した補てん材は、βーTCPと患者様の静脈血から生成したCGFを使用しました。 初期固定もそこそこ取れていますので、抜歯窩が新生骨で満たされる3か月後には、2次オペを行い、その1か月後には補綴終了となる予定です。 011 白い顆粒がβーTCPで黄色い袋状のものがCGFです。 014 カルシテックインプラントを上顎7番部位に埋入後の状態です。 006 術前のレントゲンです。抜歯窩にはまだ影が残っています。 007 インプラント埋入後のレントゲンです。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら