EBIの抜歯窩インプラン

EBIの抜歯窩インプラント

EBIを下顎臼歯部に2本埋入しました。 7番部位は、歯周病のために抜歯して1.5か月後です。 まだ、ほとんど抜歯窩には骨ができていませんでしたが、ワイドボディーの11mmを使用して、先端1/3の部分で35Nの初期固定を得ました。 埋入位置はもう少し近心のほうがよかったのですが、抜歯窩の関係で妥協しています。 6番部位の頬側にはやや骨が不足していましたので、歯槽頂から採取した自家骨チップを移植しています。 埋入深度は、骨縁としていますが、7番部位は骨の修復具合では骨縁下になるかもしれません。 カフ1または2のプラットフォームシフトアバットメントを使用しますので、融通が利くところが、EBIの良いところですね。 現在、ストローマンをメインにEBI、アストラテック、ノーベル、カルシテックと5種類のインプラントシステムを用いていますが、それぞれの長所をうまく生かした適応症の選択が鍵になります。 002 7番部位の大きな抜歯窩に注目。 005 6番部位には、自家骨を移植したうえで、縫合終了。 006 右側6,7部位にインプラント埋入後のパノラマ。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

症例集(オペログ)の最新記事

日付:   カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556