EBIの抜歯窩インプラント

オペログ インプラント症例集

2010/02/24 EBIの抜歯窩インプラント


EBIを下顎臼歯部に2本埋入しました。 7番部位は、歯周病のために抜歯して1.5か月後です。 まだ、ほとんど抜歯窩には骨ができていませんでしたが、ワイドボディーの11mmを使用して、先端1/3の部分で35Nの初期固定を得ました。 埋入位置はもう少し近心のほうがよかったのですが、抜歯窩の関係で妥協しています。 6番部位の頬側にはやや骨が不足していましたので、歯槽頂から採取した自家骨チップを移植しています。 埋入深度は、骨縁としていますが、7番部位は骨の修復具合では骨縁下になるかもしれません。 カフ1または2のプラットフォームシフトアバットメントを使用しますので、融通が利くところが、EBIの良いところですね。 現在、ストローマンをメインにEBI、アストラテック、ノーベル、カルシテックと5種類のインプラントシステムを用いていますが、それぞれの長所をうまく生かした適応症の選択が鍵になります。 002 7番部位の大きな抜歯窩に注目。 005 6番部位には、自家骨を移植したうえで、縫合終了。 006 右側6,7部位にインプラント埋入後のパノラマ。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら