Straumann Bone Level とGBR

オペログ インプラント症例集

2010/02/02 Straumann Bone Level とGBR


下顎3番部位にストローマンインプラントの骨縁埋入型Bone levelを埋入しました。 骨幅が足りないのは、口腔内視診でわかっていましたからBioguardとBio-ossでサイマルテーニアス(同時法)で骨増生を行いました。 このインプラントはまだ国内での販売認可が取れていませんので、スイスから直輸入で使用しています。 この新しいタイプのインプラントが発売されてから、現在国内流通しているストローマンインプラントは、ティッシュレベルインプラントと呼ばれるようになりました。つまり、プラットフォームを歯肉縁(ソフトティッシュ)の高さに一致させて使用するからです。 この新しいストローマンインプラントは、アバットメントとの接合様式も新しく、4面のグルーブでコニカルリテンションを得るクロスフィットと呼ばれるインターナルコネクションを採用しています。 そして、、既製の解剖学形態のアバットメントが用意されているのが使いやすそうです。 そのために、インプラントの埋入時の中心角度が決められていて、フィクスチャーマウントのレーザーマーキングされたラインを唇側へ一致させることになっています。 011 ブルーのフィクスチャーマウントの部分に見えるシルバーのラインが外側へ来るようにします。 016 Bio-ossを唇側の裂開部分へGBRします。 020 埋入後のパノラマです。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら