EBI 抜歯即時フラップレス埋入1

オペログ インプラント症例集

2009/11/27 EBI 抜歯即時フラップレス埋入1


上顎の2~2欠損にインプラントブリッジの補綴をしていきます。 埋入したインプラントはストローマンのBoneLevelです。 骨縁に埋入し、抜歯窩の欠損部にはGBRを行いました。 このケースの難しいのは、欠損スペースが3歯分しかなく、プロビジョナルで審美性を確認したのですが、やはり4本の歯を入れる必要がありましたので、フィクスチャーと3番の距離が近接してしまうことです。 それで、両側切歯部位の埋入ではなく、右上1番と左上2番部位の埋入とし、右上2番はカンチレバーとします。 Straumannのボーンレベルは補綴用のアバットメントが多数選択できるので、このような審美性が難しいケースにも安心して使用できます。 003 術前の前歯部です。3前歯ですが、患者さんはできるだけ審美性の高いスマイルを望まれています。 森口BL2 フラップを展開したところですが、骨の厚みがたりません。 森口BL1 ストローマンボーンレベルを骨縁埋入し、唇側にはGBRします。 森口BL3 ストローマンインプラントの完全埋入ケースです。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら