ノーベル傾斜埋入

ノーベル傾斜埋入

術前のレントゲンでわかるとおり、歯周病により6番部位の歯槽骨が広い範囲に7番部位まで欠損しています。 ノーベルのスピーディーグルービーを7番の遠心相当部より、傾斜埋入しました。 初期固定は、45Ncm以上とれましたので、即時荷重も十分行える状態でしたが、今回は通常荷重です。 上部構造は、マルチユニットアバットを使用してプロセラのCAD/CAMでインプラントブリッジを考えています。 藤吉俊子1 術前の骨の欠損が大きいです。 埋入部位を遠心へ移動させて傾斜埋入することにより、侵襲の大きなGBR(骨造成)を回避しました。(*^^)v P2 埋入後のレントゲンです。 DSC_1668 ノーベルスピーディーグルービーの埋入作業です。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

症例集(オペログ)の最新記事

日付:   カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556