サイトディレート&グラフト

オペログ インプラント症例集

2009/07/31 サイトディレート&グラフト


上顎側切歯部位にインプラント埋入しましたが、骨幅が3~4mmでした。フィスチャーは3.75のHAコートです。 既存骨を極力保存するためスプリットコントロールで骨を押し広げながら、埋入しましたが、唇側の骨は骨折して遊離しましたので、結果的に自家骨のGBRのような形になります。 このような場合、経年的に頬側骨板が吸収して歯肉縁が下がることが示唆されていますので、バイオガイドのダブルレイヤーにてゼノグラフトの移植を同時に行いました。 多少、腫れが出るかも知れませんが、後でインプラントが露出するよりはるかにいいです。 亀田埋入前亀田埋入後亀田バイオス

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら