ノーベル即時荷重

オペログ インプラント症例集

2009/06/05 ノーベル即時荷重


今日は、下顎の57番部位に2本のインプラントを埋入後、同時に仮歯を装着する即時荷重を行いました。 使用したインプラントは、最近導入したスピーディーグルービーという世界第1位シェアを誇るノーベルインプラントの新製品です。 初期固定を45Ncm(ニュートンセンチ)で固定できることが重要です。 幸い骨質もクラス2でフィクスチャーの長さも13mmと11.5mmを使用できました。 この患者さんは反対側もインプラントをしなければならないのですが、通常は仮歯が3ヶ月後に入ってそれからもう片方の抜歯を行ってからインプラントを埋入しまた3か月待つことになります。 そうすると、両方に歯が入るのに6か月以上かかります。 しかし、片方に即時荷重をかけられると3か月ちょっとで終了できるメリットがあります。 そして、今回のように無切開で行った場合は、術後の痛みや腫れもほとんどなく、患者様の苦痛も少なくて済みますね。 中田フラップレス1 無切開での埋入です。 中田埋入後 5,7番部位に45N以上の初期固定を得ました。 中田即時テック あらかじめ用意しておいた仮歯をスクリューで固定します。 中田パントモ 5番部位はオトガイ孔を避けるために若干傾斜埋入しました。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら