抜歯窩早期フラップレス埋入

オペログ インプラント症例集

2009/06/02 抜歯窩早期フラップレス埋入


下顎6番部位の抜歯後3か月で部分的に骨が治癒した状態での埋入です。 ITI学会の早期埋入Type3に相当します。 歯槽堤の幅、深さ、角化歯肉の幅も十分でしたので、迷わずフラップレスでの埋入でした。 フラップレスで難しいのは埋入深度ですが、EBIインプラントのワイドボディーを使用しましたので、骨縁より少し深めを狙って埋入しました。 プラットフォームスイッチのベスティックアバットメントを使用すれば、上部構造のマージン部を歯肉縁下の適当な深さに設定することができますのでとても楽ですね。 渡部文子術後口腔内 パンチアウトがやや遠心に行ったため、フィクスチャーの位置を少しずらしています。 渡部文子術後 やや骨縁下に位置するプラットフォーム

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら