抜歯即時インプラント骨縁下埋入

オペログ インプラント症例集

2009/04/20 抜歯即時インプラント骨縁下埋入


今日のオペは、大学病院で行った歯根端切除術の予後が悪く抜歯→インプラントとなったケースです。 頬側に瘻孔がありますが、頬側の骨縁は歯肉辺縁から3mm下方に存在します。ただし、非常に薄い骨ですので、かなり吸収するはずですから舌側へ低位に埋入します。 その場合、近遠心の埋入深度は完全に骨縁下(2mm)なりますので、通常のアバットメントではなく、プラットフォームスイッチ形態のものが望ましいです。 そこで、今回もEBIインプラントの4.1Φ11mmというものを使用しました。 術後の出血も全然なく、痛みや腫れも出ませんから患者さんも大満足と思います。 オペ時間は、4月から勤務医の服部先生にカメラ(ニコンD100)の操作方法を教えながら20分でした。 切開や縫合がないので、時間もすごく短縮できますね。 hirano 平野術後

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら