抜歯窩インプラント骨縁下埋入

オペログ インプラント症例集

2009/04/18 抜歯窩インプラント骨縁下埋入


右下の6番を慢性根尖性歯周炎にて抜歯を行い、2ヶ月後のインプラントです。 抜歯後早期埋入ですので、ITIトリートメントガイドでいうType2(Early placement with soft-tissue healing)にあたります。 埋入後に辺縁骨の高さはもう少し回復し、プラットフォームは骨縁下に位置すると思います。EBIインプラントの利点であるプラットフォームスイッチのアバットメントでセメント固定の補綴をしていきます。 オペの時間は15分くらいでしたが、あまり早く終わると治療費と見合わないような気もしますので、丁寧にていねいにゆ~くり行いました(*^^)v 熊井術後
oohoridentalclinic1

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら