外部吸収により抜歯即時埋入

オペログ インプラント症例集

2009/04/13 外部吸収により抜歯即時埋入


先週の土曜日のオペでしたが、中切歯の即時埋入を行いました。 この患者さんは、3年前に交通事故で右上2番を喪失されましたので、当医院でGBRを伴うインプラント補綴を行った方です。 その時、同時に破折していた右上1番にオールセラミックのクラウンと左上1番にポーセレンラミネートベニアを装着し治療を終了しました。 その後、就職で広島に転居されましたので、同級生の歯科医師にメインテナンスをお願いしていました。 歯茎がはれるということで、レントゲンを撮ったところ歯頚部に虫歯が見つかったという連絡を受けました。 調べてみると虫歯ではなく(レントゲン的には虫歯に見える)交通事故の際の外傷による歯根の外部吸収と診断しました。 保存は不可能でしたので、インプラントによる治療となりました。 当医院での再治療ですので、セラミック歯の費用は頂かずに行いました。 抜歯した後の歯の状態とインプラントを埋入後の写真をアップします。 平井2 平井1 平井術前 平井術後

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら