上顎7番ソケットリフト

オペログ インプラント症例集

2009/04/07 上顎7番ソケットリフト


関7番2 関7番1 今日の症例は、3月10日に左側上顎のソケットリフト(http://blog.livedoor.jp/oohoridentalclinic1/archives/511671.html)をした患者様の右側7番部位の同じくソケットリフトです。 HAインプラントとβTCP、サイナスリフティングバーのセットで行います。 やはり、この組み合わせが一番簡単です。 患者様の術後の腫れや痛みもほとんど出ませんから、こちらもストレスがないです。 この部位は、上顎洞底までの距離が4mmありましたので、初期固定もしっかりとれました。3か月~4か月で補綴可能となります。 その間は、いまから下顎位の偏位を修正していく治療期間となります。 最終的には、前歯部の審美修復が絡んできて、全額的な咬合の再構成となる予定です。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら