EBI 骨縁埋入

EBI 骨縁埋入

EBI kisa EBI インプラントは、ストローマンインプラント互換性ですが、最も大きく違う点はフィクスチャーのプラットフォームまでラフサーフェスとなっている点です。ですから埋入深度を骨縁に設定することになります。 こうすることで、ストローマンインプラントの形態的特徴であるコロナルフレアーの部分で皮質骨にしっかり初期固定を取ることができます。 また、審美領域においては、フィクスチャーの露出などの合併症が防止できます。 ストローマンインプラントの場合に骨縁埋入を行うと、補綴物のマージン(マクロギャップ)が同じ位置に来るので、インプラント周囲炎を起こしやすくなります。 そこで、EBIの場合は、プラットフォームスイッチタイプのアバットメントが用意されています。 写真は、骨縁埋入を行った左下7番部位のEBIインプラントです。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

症例集(オペログ)の最新記事

日付:   カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556