EBI 抜歯待時

オペログ インプラント症例集

2009/02/10 EBI 抜歯待時


このオペは、右下の第2大臼歯が歯根破折で抜歯となり、歯肉歯槽骨がある程度治癒する期間を3か月取ってから、埋入しました。いわゆる抜歯待時埋入です。 ソケット(抜歯窩)は、まだまだ柔らかく、ドリリングの感触ではクラス4のち密度です。 この症例も、骨縁下にインプラントレベルを設定し、プラットフォームスイッチのアバットメントで、辺縁歯肉縁下1mm程度に補綴物のマージンを待ってくるようにします。 抜歯窩の骨の状態からすると、あと3か月程度待ってから荷重をかけるようにします。 用松1 用松2

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら