ラテラルウインドウのサイナスリフト

オペログ インプラント症例集

2009/01/16 ラテラルウインドウのサイナスリフト


今日のオペは、上顎6番部位のラテラルウインドウでのサイナスリフトでした。 上顎洞前壁が5番の直上まで伸びていますので、かなり深い位置での作業でした。 また、56番部位の内側壁に隔壁があったため、粘膜が上がりにくく骨補填剤の量が限定されたしましましたが、インプラント体の周囲は十分な量を入れられたと思います。 手術時間は50分ほどかかってしまいましたが、術中に痛みが全くありませんでしたので、患者さんは感謝されていました(*^^)v 使用したインプラントはジマーのスプラインツイストφ5mmです。 多少の初期固定もありましたので、4か月で補綴の予定です。 樋口 術後 higuti sinus

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら