抜歯窩インプラント

オペログ インプラント症例集

2009/01/08 抜歯窩インプラント


今年2つ目のオペは、抜歯窩へのストローマンインプラントの早期埋入です。 抜歯窩の骨は、硬いところと新生骨で柔らかいところがまじりあっていますので、目的の場所へドリリングするのが難しいので気を使います。 どうしても、柔らかいほうへドリルが流されますので、それを止めながらドリルの側面に力を入れながら、既存の固い骨を削っていきます。 埋入深度もこれから上がってくる歯槽頂を見越して、深くなりすぎないように埋入します。 術後の写真では、抜歯窩で歯肉の厚みが均一でないため、変な感じですが3ヶ月後の補綴時には、均等に5mm幅の角化歯肉ができているはずです。 木佐術後 木佐デンタル

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら