シングルインプラント早期埋入

オペログ インプラント症例集

2008/12/09 シングルインプラント早期埋入


今日のオペは、左下6番部位のアーリープレースメント、つまり抜歯から1ヶ月半程度の期間を開けて粘膜が治癒した状態だが、抜歯窩の治癒はまだ完全ではない状態での埋入です。 奥歯の抜歯後の埋入時期としては、私は最も好んで使用しています。 理由は、周囲の骨の状態も抜歯の時点で確認済みであること、軟組織が治癒しているので感染のリスクがないこと、抜歯窩の治癒と同時にオッセオインテグレーションが起こるため補綴までの期間が短縮できること、などです。 この方の場合、非常に怖がりということで気を遣いましたが、15分で万代なく終了しましたので、患者さんにすごく喜んでいただきました(*^^)v シングルインプラント早期埋入

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら