カンチレバー設計の埋入

オペログ インプラント症例集

2008/11/06 カンチレバー設計の埋入


今日のさんは、クリニックの近くにお住まいということで、来院されました。患者さんの問題は、朝起きるとお口の中がネバネバして、血や膿が出ているように 感じるということでした。前の歯医者さんでもそのことを訴えられたそうですが、なんともないということでしたので、我慢していたということです。 パノラマレントゲンで、すぐに確認できるのですが、左下の5番目の歯が、ひどい歯周病で周りの骨が溶けてしまっています。その部分ではいつも炎症が起きていますので、血や膿が出ているのは当然のことなのです。 土脇術前 歯周病の5番は抜歯しまして、骨のなくなっているその場所は避けて後ろの6,7番目の大臼歯のところにストローマンワイドネック4.8mmΦ10mmを埋 入しました。補綴設計は近心カンチレバーの3ユニットブリッジとします。大臼歯部の骨の幅、深さともに十分でしたので、この設計が最も治療期間の短縮と患 者負担を減少させることができると思います。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら