スプラインHAの抜歯窩埋入

オペログ インプラント症例集

2011/01/05 スプラインHAの抜歯窩埋入


今年最初のオペは、下顎の7番抜歯部位のGBR併用埋入でした。 重度歯周病にて右下7番が抜歯となりましたが、頬側の骨がほとんど欠損していたため、抜歯窩にも骨の再生が滞っていました。 初期固定もほとんど取れないことが予想されたので、チタンサーフェイスではなくバイオインテグレーションの期待できるHAコーティングのインプラントを使用しました。 抜歯窩の窩底の骨3mm程度で、かろうじて固定を得て、スプラインHA5.0Φ10mmをnu-ossとバイオメンドエクステンドも用いて、GBR同時埋入しました。 かなり、条件が厳しいので、4~5か月程度待時したほうが良いかもしれません。 002 術前のインプラント埋入部位ですが、骨の欠損がはなはだしいです。 006 大きく陥没し、頬側の骨壁がありません。 009 スプラインHA埋入と同時にゼノグラフトとコラージェンメンブレンでGBRしています。 012 埋入後は、形態がボリュームアップしているのがわかります。 特に、減張切開はせずに被覆できました。 014 右下7番部位のインプラント埋入後のパノラマです。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら