サイブロンプロEXの下顎成熟側埋入

オペログ インプラント症例集

2010/12/20 サイブロンプロEXの下顎成熟側埋入


今日は、下顎の成熟側に2本のサイブロンプロEXを埋入しました。 歯槽頂の幅が狭かったので、頬側に裂開を作り周辺から採取した自家骨をGBRして1回法で終了しました。 粘膜も薄いタイプですから、審美性が要求される5番部位は深めに埋入深度を取っています。 プラットフォームスイッチのヒーリングアバットを入れていますが、歯肉が治癒した後にプラットフォームの深さが足りなければソリッドアバットを装着して、通常のティッシュレベルインプラントとして補綴していくかもしれません。 プラットフォームスイッチをする場合、ここのところの読み(歯肉が治癒した後のプラットフォームの深さ)が不確定要素で難しいところです。 003 007 008

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら