今日のオペは、スプラインHAの8mmを下顎の側切歯が重度の歯周病で抜歯となったケースへ適用しました。 抜歯後3か月経過していますが、歯槽骨は陥没したままです。 インプラントを支持する骨は、下の方にたくさんあるのですが歯槽頂付近に足りないため、補綴物の形態がいびつになり、プラークコントロールに支障をきたす恐れがありますので、Bio-ossとバイオメンドでGBRしました。 完全埋入していますので、3か月後に2次オペを行い、4か月後に補綴の製作となります。 003 抜歯窩の形態が良くありません。 004 歯肉を反転したところですが、歯槽頂に欠損があります。 011 隣接の歯槽頂から2mm縁下に埋入。 013 Bi0-oss と Biomend extendにてGBRしています。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

症例集(オペログ)の最新記事

日付:   カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556