オペログ インプラント症例集

2010/12/08 


今日のオペは、スプラインHAの8mmを下顎の側切歯が重度の歯周病で抜歯となったケースへ適用しました。 抜歯後3か月経過していますが、歯槽骨は陥没したままです。 インプラントを支持する骨は、下の方にたくさんあるのですが歯槽頂付近に足りないため、補綴物の形態がいびつになり、プラークコントロールに支障をきたす恐れがありますので、Bio-ossとバイオメンドでGBRしました。 完全埋入していますので、3か月後に2次オペを行い、4か月後に補綴の製作となります。 003 抜歯窩の形態が良くありません。 004 歯肉を反転したところですが、歯槽頂に欠損があります。 011 隣接の歯槽頂から2mm縁下に埋入。 013 Bi0-oss と Biomend extendにてGBRしています。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら