サイブロンインプラントの下顎遊離端埋入

オペログ インプラント症例集

2010/12/02 サイブロンインプラントの下顎遊離端埋入


今日の患者様83才の女性ですが、当医院において4回目のインプラントオペです。 もともと全顎に歯周病と不良補綴が多く、天然歯が保存不可能となった時に、徐々にインプラントに置き換えている患者様です。 今回は、右下の5~7欠損に対して、骨の条件の良い5,7番部位にサイブロンプロEXのRP11mmを2本埋入しました。 初期固定もしっかり取れていますので、8週で補綴できますが、上顎の5~7にもインプラント予定ですので、その部位が補綴できる時期に上下同時補綴となります。 DSC_6578 2.2mmパイロットドリルでドリリング後にパラレルピンを植立して、方向性を確認します。 DSC_6580 骨縁埋入ですが、プラットフォームスイッチのヒーリングアバットを装着して、1回法のオペで終了しました。 P8 術後のパノラマです。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら