成熟側サイブロン埋入

オペログ インプラント症例集

2010/11/04 成熟側サイブロン埋入


今日のオペは、サイブロンインプラントの下顎臼歯部への埋入です。 右下6番部位にφ3.3mm×11mmと7番部位にφ4.1mm×9mmをそれぞれ埋入しました。 成熟側でしたので、骨質も問題なく十分な初期固定がとれました。 6番部位は、厚みが少なくて頬側に裂開を生じましたので、3.3mm径のインプラントを使用し、歯槽頂からボーンチップを採取して補填しました。 埋入深度はやや浅めでしたので、ストローマンのヒーリングキャップそ使用しています。 上部構造はソリッドアバットメントを立てて、セメント固定の連結冠の予定です。 ただその前に全顎の歯列矯正を行いますので、当分はプロビジョナルの補綴となります。 001 パラレルピンを使用して平行性を確認、近心のインプラントがやや遠心傾斜していましたので、次のドリリングで修正しました。 004 ストローマンのヒーリングキャップで1回法の術式です。 P2 術後のパノラマです。2本のインプラントの埋入ポジションは理想的です。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら