スプラインHAにて上顎ソケットリフト埋入

オペログ インプラント症例集

2010/10/01 スプラインHAにて上顎ソケットリフト埋入


今日のオペは、上顎右側の5,6番部位にスプライン3.75Φ10mmと5.0Φ8mmを2本、ソケットリフトで埋入しました。 CTの所見によると、ボーンハイト(骨の厚み)が5mmと8mmで、そこそこあるのですがHU値が100程度でスカスカの状態でした。 骨補てん材はβ-TCPのみで上顎洞底をリフティングしていきました。 初期固定は、ほとんどありませんがHAサーフェイスの恩恵で4か月で荷重がかけられると思います。 オステオトームを用いてソケットリフトを行います。 上顎洞内への迷入防止のために、ワイドのヒーリングスクリューを使用します。 術前のパノラマです。6番部位には中隔の骨もありますので、ウィンドウテクニックよりもソケットリフトがやりやすいケースです。 術後のパノラマです。開口量の関係で6番部位のフィクスチャーがやや近心傾斜しています。 005 007 P3 008

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら