スプラインHAとCGF&β-TCPでの上顎ソケットリフト埋入

オペログ インプラント症例集

2010/09/15 スプラインHAとCGF&β-TCPでの上顎ソケットリフト埋入


今日のオペは、上顎の骨が少ないケースで、CTでシミュレーション後に、スプラインHA3.75Φ10mmと5.0Φ8mmをCGF、オスフェイオンを補てん材としてソケットリフトで埋入しました。 既存骨は4番部位6mm、5番部位5mmでソケットリフトの適応症ですが、15年前に上顎左右にインプラント治療をして、数年で脱落した経験をお持ちの患者様でした。 福岡でもインプラントで有名な歯科で治療を受けられていますが、それだけ上顎の骨のないケースは難しいということでしょう。 CGFを作るための静脈血の採血がやや難しかったですが、インプラントの埋入はそれほど気を使わずにできました。 ただ、骨が相当固くリフティングバーでのドリリングができなかったためFGダイアモンドバーを使用して、注意深くソケットを形成しました。 010 ソケットリフトの補てん材として、CGFとβ-TCPを使用します。 007 採血管4本分のCGFです。 013 スプライン埋入後の所見です。 015 埋入後のパノラマです。かなりのボリュームでシュナーダー膜が挙上されているのが、わかると思います。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら