ストローマンティッシュレベルの抜歯早期埋入&骨移植

オペログ インプラント症例集

2010/09/01 ストローマンティッシュレベルの抜歯早期埋入&骨移植


今日は午前中に引き続き、2回目のストローマンインプラントのオぺでした。 右下7番の歯根破折で周囲骨がかなり欠損した抜歯窩の2か月後の抜歯早期ストローマンティッシュレベルWN10mmの埋入でした。 近心舌側の骨が吸収していて、高さが低いケースです。 遠心側の抜歯窩を使用して固定を図り、遠心歯槽頂から自家骨を採取し近心の骨欠損に填入しました。初期固定が取れていますので、2mmのヒーリングキャップを使用し、1回法の埋入としました。 近遠心で歯肉縁の高さがそろわないかもしれませんが、補綴には問題ないと思います。 009 近心に欠損がみられます。 010 歯槽頂から採取した自家骨です。 014 近心の骨欠損部へ移植します。 019 術後のパノラマです。4か月後に補綴予定です。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら