上顎の狭小歯槽堤へのスプラインHA埋入

オペログ インプラント症例集

2010/08/23 上顎の狭小歯槽堤へのスプラインHA埋入


今日のオペは、上顎左側1,2番部位の口蓋裂による欠損にインプラントを埋入しました。 近遠心的なスペースは、14mmとやや狭いことと、側切歯部にはほとんど骨がないので、中切歯部に1本のスプラインHAを埋入し、遠心カンチレバーのクラウンの補綴を計画します。 埋入部位の今頬側骨の保存のため、スプリットフクレストを行い埋入しましたが、骨質がクラス4で形態もいびつであったので、ゼノグラフトをもちいてGBRを行いました。 IMG_7768 ノ ノーベルガイドでシミュレーションを行います。 006 フラップを展開したところです。 011 スプリットクレストのために、縦にスプリットを入れています。 016 スプラインHA3.75Φ11.5mmを埋入しました。ポジション的には、良好です。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら