スプラインインHAプラントでソケットリフト&CGF&オスフェリオン

オペログ インプラント症例集

2010/08/19 スプラインインHAプラントでソケットリフト&CGF&オスフェリオン


この患者さんは、重症の歯周病で多くの歯を抜歯しなくてはならなくなりました。 入れ歯にすると、残っているはの負担が大きく、さらに歯を失う可能性が高いので、インプラントの治療を希望されました。 今日は、右上に2本のスプラインを埋入しました。 4番部位は既存骨に3,75Φ10mmが埋入できました。 6番部位は基底骨が1~2mmでしたが、CGF(血小板フィブリンゲル)とβ-TCPを併用しました。 使用したフィクスチャーは5.0Φ8mmです。 今後、エムドゲインを使用して歯周病を治療していきますが、その場合にもCGFは有効になるかもしれません。 008 術前の埋入部位です。6番部位は抜歯後8週の早期埋入になります。 IMG_7758 6番部位のCT画像ですが、基底骨ほとんどありません。 016 まずCGFを填入します。 019 それから、オスフェリオンを填入します。 023 インプラント埋入後のパノラマです。 6番部位は歯槽頂にもある程度の骨再生が期待できます。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら