スプラインHA抜歯即時&

スプラインHA抜歯即時&CGFと自家骨でGBR

今日の症例は、左下3,4,6番部位に3本のスプラインHAを埋入しました。 3番は歯周疾患で抜歯、4番は残根状態で抜歯し、治療回数と期間の短縮のために即時埋入を行いました。 3番部位の舌側の骨板が吸収されていて、他の部位の歯槽堤の幅も制限がありました。 不要な部分の骨と歯槽頂の薄い骨を削除し、3番部位へGBRを行いました。 歯槽堤の幅が薄く、舌側、頬側へ穿孔しないように、最大の注意を払う必要がありましたが、ど真ん中へしっかり埋入ができました。 4番部位のインプラントは遠心側の歯槽堤の厚みがうすかったので、やや3番よりへ埋入しましたが問題はないかと思います。 初期固定も十分でしたので、2か月後にアバット立ち上げでプロビジョナル装着します。 あと1か所右側の5番部位にもインプラント予定ですが、下顎の歯列矯正により埋入スペースを確保してからの埋入となります。 009 抜歯後にフラップを展開したところです。フラップレスですると失敗のリスクが高まるケースですね。 017 埋入後に骨欠損部へ自家骨を填入します。 019 CGFメンブレンにて被覆、縫合します。 024 術後のパノラマです。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

症例集(オペログ)の最新記事

日付:   カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556