ストローマンティッシュレベルでソケットリフト埋入

オペログ インプラント症例集

2010/07/14 ストローマンティッシュレベルでソケットリフト埋入


今日の症例は、上顎の67部位にストローマンのティッシュレベルインプラントWN10mmを2本ソケットリフトで埋入しました。 7番部位は、歯周病がひどくなり抜歯をして3か月後の埋入でしたが、中隔部へのドリリングで骨が固く大変でした。 メリーダイアのFGバーのお世話になり何とか上顎洞底付近まで切削し、オステオトームでシュナイダー膜をリフトしました。 67両部位ともに、補てん材は特に使用せず、自家骨だけでリフトしました。 インプラントプローブで膜の穿孔がないことを確認してから、フィクスチャーを埋入しました。 初期固定も十分でしたので、3か月で補綴できると思いますが、7番の周囲骨が歯周病で陥凹しているせいで、上顎結節の部分との高低差が大きく、補綴後のプラークコントロールに注意が必要になると思います。 006 7番部位のソケットリフトですが、補てん材なしです。 008 埋入後のミラー像です。 015 術後のパノラマです。下顎には、当医院で5年前に行ったストローマンインプラントが入っています。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら