アストラインプラントの成熟側埋入

オペログ インプラント症例集

2010/07/08 アストラインプラントの成熟側埋入


今日の症例は、アストラインプラントの4.0Φ11mmを2本、左下顎67番部位の成熟側埋入です。 1か月前に、右側の同じ67番部位に埋入した患者様です。 骨の形態、量ともに十分でインプラントを初めて手術する先生が選択するケースです。 今回は、埋入ポジションと埋入深度にこだわり、低侵襲のオペを短時間で行うことに集中しました。 骨の固さが均一でない場合には、ふつうにドリリングしていくと、気が付くと所定のポジションからズレている場合があります。 そのようなことがないように少しの工夫をして、目標とするポジションへ埋入していきました。 手術時間は20分程度で終了でした。いつもこのようなケースばかりだと楽なのですがね。 003 十分な骨の量があり、最近では珍しいです。 005 ドリルガイドを使用して近遠心的位置、頬舌的位置を確認しながらドリリングしていきます。 011 埋入後のパノラマです。 理想的なドポジションに入りました。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら