両側遊離端にSybron proを1回法で同時埋入

オペログ インプラント症例集

2010/07/05 両側遊離端にSybron proを1回法で同時埋入


今日の症例は、下顎の両側遊離端欠損の6番部位に1本ずつSybron EX  Proを埋入しました。 かなり高齢の女性でしたので、骨質がクラス4で海綿骨がスカスカの状態でした。 Sybron Proはストローマンと互換性を持つインプラントですが、プラットフォームのところまで表面処理とマイクロスレッドがあるため骨縁まで埋入し、皮質骨の部分で初期固定が得やすいのでこのような場合には有利です。 この患者さんは、上顎のインプラントもあるので、4か月待時してアバット装着します。 DSC_4589 コロナルフレアーの部分を骨縁下に埋入するため、プロファイルドリルを使用します。 DSC_4586 埋入後はストローマンのティッシュレベルインプラントと一緒の状態になります。 P2 プラットフォームシフトのアバットメントを装着しています。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら